映画を作っています。監督・三島有紀子のブログです。ここから、しなやかな、楽しい、いろんな広がりが見えてくるといいな、と、思っております。


by yukikomishimafilm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アフレコも無事終了!&兄貴の事

今日は浜町のスタジオでアフレコ.

音仕上げのベテラン浦田さんのおかげで

スムーズに進み、無事終了しました.


編集の加藤さんには 映画館のアナウンスをやってもらって・・・

忙しいのにありがとうございました.

久しぶりに役者陣に会ったけど
みんな いい顔して
やってました。
走る息の時は心拍数をあげてもらって
何度も何度も…。笑。大丈夫だったかな.
情報公開がまだなので何も書けないのが悔しいですが・・・.

帰りに女性プロデューサーUさんが貸してくれた
漫画がおもしろくて、せつなくて 
電車の中、道、二宮金次郎並みに読んで帰りました.
よく、事故に合わなかったと思うくらい。
全然外界の音とか聞こえてません.笑。

夜遅くからは出張で東京に来てた兄貴と大久保「ヘラン」で韓国料理.
水晶板で焼く三段バラ豚肉が最高においししいです。

兄貴は、落ち込んでる話ししている時も
    愚痴の時も
    なぜかいつも楽しそうなおもしろい人です.
今では「大阪のおっさん」ですが
    今でもモテルのはわかります。
この人のこういう しゃべりがうまいところ
         頭の回転がはやい所
    私にも少しわけてくれたら
    いいのになーと思って見てました.笑。

兄貴はかなり成績のいい人でした.
その兄貴が突然 高校を中退して
おカタイ三島家は 大変なことになりました。笑。
10歳離れていた私はまだ6歳でしたが
一度も暴力をふるったことのない紳士的な
父親が兄貴をなぐろうとしたとき
間に立ちはだかって 
父親をにらみつけたらしいんです。
父親は黙って拳をおろしました。
父親が手をあげようとしたのは
たぶんあの時だけだと思います.

兄貴は、
いきなり独立して
アパートで暮らし始め
17歳なのに22歳だと偽って
新地の有名ディスコで働き始めて
支配人までのぼりつめた人です.

その後、
どこかで「学問を学びたい」という衝動にかられたそうで
夜間高校に通いながら大検をするっとパスして
大学に入って、就職して結婚して・・・という人生を送られています.

私は、この人の生き方が
おもしろいなあと思います.
小さい頃、一番影響を受けた人、と言えると思います.
小学生のときルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」を
聞いてたのも兄貴にレコードをもらつたからです。

さて、三段バラ豚肉2人前、チャプチェ、チヂミ、わんさかあるツキダシのお代わり
までもらって
二人で「どう考えても食べ過ぎやろー」と笑ってました.
やっぱり関西弁は 会話が進む.

楽しい時間をありがとう、お兄ちゃん.

あ・・・・お兄ちゃんの写真撮るの忘れたよ.
またね。    

※写真は 小さい頃の私と兄貴.写真が昭和だ(笑)    
f0189447_23412538.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-10-22 11:10 | *ありがたいできごと