映画を作っています。監督・三島有紀子の公式ブログです。ここから、しなやかな、楽しい、いろんな広がりが見えてくるといいな、と、思っております。


by yukikomishimafilm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

眠レ、巴里。

仕事の合間にさくっと ゴールデン街劇場に行って来ました.

竹内銃一郎さんの戯曲「眠レ、巴里」(ちなみに2000円)。
東京乾電池の公演です.
出演
田根楽子
角替和枝
吉橋航也

いい戯曲でしたね.もちろんもちろん
演者の方がよかったというのもあると思います.

借金苦から、あるアパートの一室にこもり 
巴里を夢見ながら 餓死して行った姉妹と
金を取り立てていたサラ金の男の物語です。
恥ずかしながら初めて 見ました。

何年か前 あるアパートの一室で
関係のわからない女性二人が
餓死しているのを大家が発見したというニュースがありました。
確か二〇代と三〇代だったと思う。

亡くなって一週間ほど経っていて.
しかも、一人は一ヶ月以上前に亡くなっていたという.

つまり、一人は遺体とずっと 同じ屋根の下にいたというわけだ。
唯一人の自分以外の人=「世界」を失ってしまったとき,
もう何も答えない遺体相手に
ずっと語り続けていたのではないか,という妄想が広がり
その会話を書いた事がある.
それはつらつら書いていただけで
上演をしたわけではないけど。

竹内さんの戯曲は 
やっぱり構成がとても素晴らしく。
なるほどなあ、といまさらながら 
思った.(汗)

そして東京乾電池のこの公演は
わたしに
「なんだなんだなんだ お前
もっともっと ちゃんと形にして発表していかないと!」
と言ってくれたような気がしました.(勝手に・・・)
とにかく、とっても元気が出たのです.
見てよかった、ほんとに。
教えてくれた Tさんありがとう。

帰りに歌舞伎町で
蛤の甘辛煮を食べて
また仕事している.

いい日だな.

朝から夕方まで仕事して(書いたり 考えたり 作ったり)
夜、映画か芝居見て
面白い人と話して
寝る前 本を読んで寝れたら
それはとても幸せ。

もちろん、撮影以外のお話.
撮影は何時から何時まででも
ハンターのごとく撮りたいです.笑。

※写真は 蛤を食べたお店上海小吃のマークです.
「謝謝〜」

f0189447_23412299.gif
[PR]
by yukikomishimafilm | 2010-01-31 23:35 | 三島の関心空間