映画を作っています。監督・三島有紀子の公式ブログです。ここから、しなやかな、楽しい、いろんな広がりが見えてくるといいな、と、思っております。


by yukikomishimafilm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「しあわせのパン」に出て頂いた中村 嘉葎雄さんと渡辺美佐子さんのこと。

f0189447_1039436.jpg



中村 嘉葎雄さん。
こどものころ、映画館で見た「日蓮」 が最初で、中村 嘉葎雄さんを見たくて
立て続けに「天平の甍」を見ました。
まだ小学生だけど、うまいひとがいるんだなーとしみじみ思いました。
長い廊下を歩くシーンで、それまでの人生が一歩歩くごとにひしひしとこちらに
押し迫って来たのが忘れられません。
でも、何より
高校生のとき、イベントリバイバル上映で
「ラブレター」(監督・東陽一)を見たとき、
心を鷲掴みにされたのを覚えています。
来る日も来る日も、
中村 嘉葎雄さんの「うさぎ!」といいながらぷらっとやってくる姿
と女の体を眺める目が離れませんでした。
男の色気とはこういうことだと思いましたし、
この男がどんな風な人生を送って来たのか
送っているのか
まざまざと見えて来るのです。
誤解を恐れず見た時の感情をそのまま書きますと
「化け物みたいな役者さんがいる」でした。


渡辺美佐子さん。
わたしが最初に美佐子さんの演技に心奪われたのは、
映画「TATOO<刺青>あり」を見たときでした。
そして、井上ひさしさんが戯曲を書かれた一人芝居、「化粧 二幕」。
これも、誤解を恐れず言いますが
「ここにも、化け物がいた」でした。
もちろん、2010年の5月 座・高円寺での最終公演(28年も続けられていました)
も見にいきました。
このお芝居は「役者とは何か」を何度も何度も考えさせられました。


そんなお二人にわたしは、
どうしても出て頂きたくて
長いお手紙を書き、お渡ししました。

どんな映画を目指しているのか、と
お二人が演じてくださった
阪本史生さんとアヤさんがこれまでどんな人生を送り
どんな風に出会い、どんな風に時を過ごして来たか。

その手紙に綴った「人生」の部分はほとんど
小説版「しあわせのパン」にそのまま書き込んでいます。


お二人はいろんなお芝居を考えて来てくださり
メイク部屋や現場で、時間をかけてお芝居を作っていきました。
それはわたしにとって、とてつもない集中と至福の時間でした。

是非お二人の演技、ご覧いただきたいです。
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-01-27 10:39 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)