映画を作っています。監督・三島有紀子のブログです。ここから、しなやかな、楽しい、いろんな広がりが見えてくるといいな、と、思っております。


by yukikomishimafilm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 小 説 『ぶどうのなみだ』 (9月26日発売) が完成しました。

f0189447_1258495.jpg

しこしこと書いていた
小説『ぶどうのなみだ』(9月26日発売)の見本があがってきました。

この本は小説ですので、ノベライズではありません。オリジナル脚本を書く時に映画には入りきらなかったエピソードや設定していた背景、主人公のアオやエリカ、ロクはもちろんのこと、大杉漣さん演じるアオとロクの父親の物語も盛り込んでいます。これは、わたしの小説を書くモチベーションのひとつで、どうしても書きたかったのです。

未熟なわたしに、本当にたくさんのみなさまに協力していただき、あらためて細かく取材をさせていただきました。
おかげさまで、ちょっとした細部にいたるまでリアリティが生まれたと思っています。
ありがとうございました!

読んでから映画を見ても、
映画を見てから読んでも、
楽しんでいただけると思います!
是非、是非、
書店で手にとって見てやってください。

当然お疲れ様会では、主人公のアオが作っている品種のピノ・ノワールをいただきました。
ー乾杯。お疲れ様です。
イノシシのジビエ料理と一緒に。ジュルジュル。よだれが(笑)
f0189447_12592921.jpg


編集者さんに「三島さん、もっと書いた方がいい」と言ってもらったのも素直に嬉しかったです。
書きたいことがあって、簡単に揺るがない人は書くことを続けるべきだということでした。同じことを、尊敬する劇作家の方に言ってもらったことがあります。そして、こう言われました。三島は書くことをやめてはならない。生活が苦しくても書くことはできる。僕達はひとつの灯りと鉛筆さえあればなんだってできるんだ、だから僕達は貧しくなることさえない、と。その時わたしは、僕達と言ってもらえたことも喜びのひとつでした。

一ヶ月以上誰とも会わずに、二ヶ月間一日14時間書き続けることは苦しみでもあり喜びでもあり。
脚本もそうですが、登場人物たちの人生にぴたりと寄り添って生きる時間は、大親友と共に生き抜いた感覚に近いものがありました。

ありがとう!アオ、エリカ、そしてロク。



※本のデザインをしてくださった方がとても素敵な方で
カバーをとった本の表紙も素敵に仕上げてくださいました。

f0189447_12594161.jpg


ここ。(←クリック)
[PR]
by yukikomishimafilm | 2014-09-21 12:59 | *お知らせ