映画を作っています。監督・三島有紀子のブログです。ここから、しなやかな、楽しい、いろんな広がりが見えてくるといいな、と、思っております。


by yukikomishimafilm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おかげさまで全国公開を迎えました。

f0189447_1116111.jpg


映画『ぶどうのなみだ』が、おかげさまで無事にこの世に生まれてきてくれました。
見てくださったみなさま、ほんとにありがとうございます。
関わった人たちのたくさんの想いで生まれてきたこの作品が、
何かしらみなさまの心に届くことを祈っています。

f0189447_1119479.jpg




<徒然なるままに>
昨日、
高校の担任の先生が、初日に「ぶどうのなみだ」を見てくださり、
素敵な感想をいただき、感謝の心でいっぱいになっていました。
そしたら、高三の文化祭のことが書かれていて…。
すっかり忘れていたのですが、懐かしくなってしまいました。

以下先生のメールの抜粋↓
【高3のとき、文化祭用の劇を「西部戦線異常なし」に決めたのが三島さんだったね。みんなが受験勉強に向かう中、これが私の生きる道、とばかりに、授業中も休み時間も一生懸命脚本を書いてたね。】

うちの高校は、全学年全クラスがなぜか半年かけて演劇を作り上げるという風変わりな文化祭をおこなっていた。中でも一年生の時に見た3年生の『西部戦線異常なし』が素晴らしく(サッカー部のキャプテンが銀ちゃんを演じていた『蒲田行進曲』もよかったけど)、その演目がやりたかった。戦場に1頭の蝶が飛んできて、その蝶にそっと手を出した若き兵士は弾丸に打ち抜かれ死んでしまうというラストシーン。暗転して無線が聞こえる。西部戦線異常なし・・・、繰り返す、西部戦線異常なし。
そしてパーシー・スレッジの「男が女を愛する時」の音楽がバン!かかる。そんな演出をしたかった。


[PR]
by yukikomishimafilm | 2014-10-14 11:19 | *ありがたいできごと