映画を作っています。監督・三島有紀子の公式ブログです。ここから、しなやかな、楽しい、いろんな広がりが見えてくるといいな、と、思っております。


by yukikomishimafilm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

6月27日 21時 渋谷イメージフォーラムで
「刺青〜匂ひ月のごとく」が
無事公開され ました!

おかげさまで
立ち見になってしまうほど
お客様に来ていただき
本当にありがたく感じました。

心から 「ありがとうございます」
本当に「ありがとうございます」

上映後
会えなかった方もたくさんいたんですが
友人や先輩や師匠や関係者のみなさんに
今日という日を自分のことのように
喜んでいただいて
なんて、幸せなんだろうと思いました。

スタッフと、上映を共に喜べたのも
何よりです。

小さな小さな映画(笑)を作ろうと一緒に言ってくれている平のさんは
ちいさなかわいい胡蝶蘭を送ってくださり
f0189447_12264660.jpg



わたしが助監督時代から大変御世話になっているユニオン映画さんからは
素敵な花束を頂き
f0189447_12153970.jpg


読売テレビさんからは
この間やらせていただいた「LOVEGAME」の演出で使った高級サクランボを、
「妄想姉妹」でご一緒した脚本家の三浦有為子さんからはワインを、
頂きました。
※さくらんぼはもう結構食べちゃったのです。
f0189447_12145458.jpg


本当にありがとうございました!

今日という日を支えに
日々精進していきますので、
今後ともどうぞよろしくお願いします。

        三島有紀子
[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-06-29 11:12 | 三島の仕事
○映画「ウェディングベルを鳴らせ」
ボスニア出身のエミール・クストリッツァ監督作品
「パパは、出張中」「アンダーグラウンド」・・・などを監督されています。

キャラクターが全員いとおしい。
そして こういう 寓話は私は好きです。
かわいくて、大事なものを知らせてくれる
ファンタジー映画は大好きです。

f0189447_0555253.jpg




○映画「スラムドッグミリオネア」
イギリスのダニー・ボイル監督作品
「トレインスポッティング」などの監督です。
脚本は「フル・モンティ」の脚本家です。
エネルギーあるなあ。
いや、いいと思います。


○映画「チェイサー」
言葉にならない怒りや悲しみを噴出させる映画は
基本的に共感します。ハードボイルドです。

f0189447_1424431.jpg

あるシーンでノンモンになり
音楽と表情で描かれるシーンがかなりいいと思います。

ただし、女はとことん傷つけられますけどね。

○舞台「楽屋」
ものすごく。いい戯曲です。私、読んだ事なかったんですが
清水邦夫さんの戯曲、素晴らしいですよ。
よかったです。

f0189447_0545061.jpg

終演後
村岡希美さんと立ち話。またまたままた
村岡さん、素晴らしいです。と思います。
蒼井さん、小泉さん、えりこさんももちろんのこと。

そのあと、唐さんの奥様美和子さんとお嬢さまで役者の美仁音ちゃんと
ごはん。
二人とも目がキラキラしていて
大好きな二人です。

○舞台「ユーリンタウン」
初めての劇場。
座高円寺。新しい劇場っていまいち好きになれないけど
ここは 素敵な劇場でした。

演目は
ニューヨークフリンジというアングラ小劇場から一挙にブロードウェイに躍り出た作品。
ハリウッドやブロードウェイ的ストーリーを揶揄しながら劇は進む。
「ここでハッピーエンドと思うだろう。しかし、そうはいかない」。

「愛や勇気を声高に叫んだ人間は死に絶えていった。
大事なのは現実を知る人間だ。そして その現実を知る人間を
生かすか殺すか あなた次第」
としめくくられた。

○映画「愛を読む人」

スティーブン・ダルドリー監督。本当にうまい。
ものすごい好きな映画です。
愛とは
罪とは
法とは
許しとは
すべてに真剣に向き合っている映画です。

この映画の私的アカデミー女優賞はレナ・オリン。
彼女の一瞬の表情が
映画の深みを増しています。

「人間を完全にするもの
 それこそが愛だと」 〜「たくらみと恋」フリードリヒ・シラー〜

f0189447_1472661.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-06-20 01:44 | 三島の関心空間

FMラジオ放送されました!

今日、
出演させていただいたラジオ番組が放送されました。

聞いてくれた方、ありがとうございます。

毎回、ゲストが好きな音楽を 5曲選んでかけるとのこと。

さてさて、どんな曲を選んだでしょう。

1 「shake a tail feather」レイ・チャールズ
             (映画「ブルース・ブラザーズ」より)

この曲を聞くと、自然に体が細胞レベルで沸き立ちます。笑。
シェイク シェイク。

映画の中で、道行くひとみんなが 
楽しそうに踊り出す。

私も道歩いていいて
悲しいことがあったら
ちょっとムッとすることがあったら(たまにありますよね?)
よくそんな妄想します。

いま、ここにいる人達が いきなり笑顔で踊り出したら・・・。微笑。


2 「うぬぼれワルツ」 木の実ナナ

♪ラッタッタ ラッタッタ うぬぼれワルツ
 ふたり羽のない 天使になって
 やさしい気持ちで うぬぼれワルツ

これは、ドラマ「探偵物語」の「失踪者の影」のラストに近いシーンでかかった曲です。

大衆食堂で働く女・れいこ(亜湖)が好きな男の身代わりになって 
撃たれた瞬間にこの曲が流れ始めます。
でも実はその好きな男とは、なんの関係もなく
ただ その男は、毎日 食堂に来る客で
れいこにあいさつとして「れいこちゃん、 今日もかわいいね。結婚しようか」
と言っていただけなのです。その言葉を信じてしまったれいこは
ずっと男を探し続けて・・・・殺されてしまう。そんなせつない女のお話です。

そして、れいこの体が
メリーゴーランドにのせられ いつまでも くるくるとまわっている。
そこにこの歌だけがせつなく流れているのです。

小学校の時、初めて
音楽によって せつない感情が 強化されることを認識した
曲です。

「たんぽぽ色したれいこちゃん、あんたかわいかったよ」という台詞もすてきでした。

3 「time after time」 tuck&patti

もちろん、これはシンディー・ローパーの名曲です。
それももちろんサイコーですが、これもまた違う味わいでいいのです。


f0189447_2334597.jpg


タック&パティとは
タックという男性ギタリストとパティという女性シンガーのデュオです。

二人はオーディションで出会い、意気投合。
その後、夫婦にもなりました。

二人の愛に満ちた世界の この曲も ぜひとも味わってほしいです。

パルコ劇場で公演した戯曲「LOVE30 VOL.1」スパイス・イン・ザ・バスケット(作・三島ゆき)の 中にも出てきます。(PARCOよりDVD絶賛発売中!!)

4 「港が見える丘」 ちあきなおみ

おそらく、
最も美しい日本語の歌詞ではないか、と思うほど
美しいです。

また、ちあきさんの歌声がたまらないっっ。

5 「country」 KEITH JARRETT

最後にかけてもらった曲は、
大好きな映画「マーサの幸せレシピ」でラストにかかった曲です。
f0189447_23302747.jpg
これは、この映画のために作られたのではなく、
選曲なんですよね。
なんて、素敵なセンスだろうと思います。
[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-06-14 23:27 | 三島の仕事

教会めぐり!

ちいさな頃

「キリスト教文化」に染まった(笑)父親の影響で
大阪の中の島の教会によく行っていました。

大学もたまたま
プロテスタントの大学です。
教会でパイプオルガンの練習をしている音楽学部の生徒さん
に気づかれないように、私はよく、いすに寝転んでそれを聞いていました。

キリスト教信者ではありませんが

教会という天井が高い空間

光の入り具合

音楽の心地よさ

それは、一瞬にして別世界にトリップさせてくれるもので、

うまく演出されていると思います。

キリスト、ってアーティストとしては 結構すごいと思います。

海外旅行に行っても
大概
朝一番で芝居の半額チケットに並び
それを手にしたら
散歩しながら教会を見つけては入る
みたいな毎日で。
奏でられる賛美歌やパイプオルガン聞いて
建築の意匠を眺めて
持っていった本を読みます。
日本語だから
なんの本読んでたって
気にしやしない。笑。
教会に隣接されている食堂では
とても安くランチが頂けました。

私にとってそんなことが この上なく幸せな時間です。

そんな食堂で 珈琲飲みながら
打ち合わせできたらいいのに、と思うこのごろです。

※写真は妄想姉妹でロケした教会のマリア像です。
あんな撮影させてもらってありがとうございました。


f0189447_1103876.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-06-08 01:10 | 三島の関心空間

GOOD-bye THANK you

ここで
いろんな人と語り合いました。

ここで
サンダンスのファイナリストに決定したという
電話連絡を受けました。

ここで
いろんなお話を空想しました。

水差しのレモン。

開かれている写真展。

スノードーム。

ボレロと言うマリアージユの紅茶を覚えたのも
ここでした。



f0189447_23211378.jpg















新宿トップスの八階にあるカフェユイットが
今月いっぱいでお店をたたまれることになりました。

いろいろいろいろいろ、あるんでしょう。

黙って
GOOD-bye そしてTHANK you
f0189447_23213056.jpg


実は、どうしても残しておきたくて お店、最後の日、ビデオ撮影させてもらいました。
近々、編集して みなさんと思い出を分かち合いたいなと思っています.
楽しみにしててくださいね.
[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-06-07 23:21 | コーヒータイム

宝物のひとつを紹介。

私の使っている机は 
イギリスのどっしりした古い木の机です。
これは、20代前半からの友人で
映像の編集をしていたKさんからゆずりうけたもの。
彼女がイギリス留学する時に
「あげる」
といただいたのです。
芸大でテキスタイルを勉強していたのに
何故か 松竹の撮影所で美術を手伝ってしまったため
この世界に入ってしまった人です。
今は、イギリスでぷらぷらなさっています。笑。

彼女とは
ものすごく頻繁に会う訳じやないけど
会えばとってもしっくりきます。


でも、今日ご紹介するのは
その机ではなく、

そこに飾ってある、これ、です。

これは 自分でロンドンに旅行したとき
一目惚れして、即、購入したフレーム
&ジャニス・ジョプリンのポストカード。

このジャニス・ジョプリンのポストカードは
これまた、女友達Mさんからのプレゼントです。
Mさんは おいしいもんを見つける天才。
そんな彼女とも ふとしたことがきっかけで
出会い、芝居をうった時も手伝ってくれたお人です。

「こんな笑顔のジャニスめずらしない?」と、Mさん。

そう、ジャニスはいつも叫ぶように歌っているか、こちらをじっと見つめているか
そんな写真が多いのです。そんな彼女も好きです。

でもこの顔はなんていい笑顔をしているんだろう。
と思います。


これは私の宝物のひとつです。


f0189447_052049.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-06-06 00:52 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
今日は
「岡村洋一のシネマストリート」という番組に
ゲストで呼んでいただき
かわさきFMで収録がありました。

この番組は黒沢清さんや阪本順治さんや篠田正浩さんや熊井啓さん・・・
とすごい監督陣が出演なさっています。
ひ、ひぇー。

しゃべりのつたない私を
岡村さんやアシスタントで早稲田の大学生である山下さんが
本当に盛り上げてくれて、「刺青」の宣伝もしてくださって
1時間におよぶ収録は無事終了。

ありがとうございました!

聞かれて
思い出すことっていろいろあるもんですね。
自分でもびっくりです。

でもいちばん困るのは
「映画を撮ろうと思ったきっかけになった映画」です。

これは私の場合、いろいろじわじわと押し寄せてきたものなので
これ1本というのは言いにくいんですよね〜。

4歳の「赤い靴」から始まって
チャップリン「キッド」「ライムライト」「街の灯」etc
「コットンクラブ」
「コーラスライン」
「風と共に去りぬ」
「シェーン」
「駅馬車」
「ガンジー」
「ジョーズ」
「インディ・ジョーンズ」
「酔拳」
「燃えよドラゴン」
「マッシュ」
ドラマやけど「探偵物語」など
といろいろ小学生とかで見て
その後「海と毒薬」とか
黒沢監督の「生きる」とか
ティムバートン監督とか
ケンローチ監督とか
神代監督とか
キューブリック監督とか
トリュフォー監督とか
成瀬監督とか
小津監督とか
敏八監督とか
デビッド・リーン監督とか
当然入っていくわけですね。

なんせ、大学は映研で8ミリ撮ってましたからね。

なんか表現する方法として
なんでか、本当なんでか
映像というのが自分に染み込んでたっていうのが正直な所です。

ただ、お話ししたことは本当です!
ふられた話も・・・・あっ、それはネタバレ。

そうそう番組で
好きな曲5曲選んでかけるんですが
それはかなり嬉しかったです。

さて、三島がどんな曲を選んだかは
聞いてみてのお楽しみ?
映画好きならきっと気に入ってもらえるはず。

どんなことになっているかわかりませんが
かわさきFMが聞けて
「まあ聞いてみてやってもいい」という方は
6月14日の日曜日午前11時から 
聞いてやってください。

※写真は収録後の風景
上手から博学の岡村さん
奥の副調にいらっしゃるのは技術チーフの山田さん
ちらしを持ってくれているのがアシスタントで、ドイツ語もしゃべれる山下さん


f0189447_22444119.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-06-01 22:44 | 三島の仕事