映画を作っています。監督・三島有紀子の公式ブログです。ここから、しなやかな、楽しい、いろんな広がりが見えてくるといいな、と、思っております。


by yukikomishimafilm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

やることがいっぱい!

なぜか、このところ、やることがいっぱい。

なんですけど やれてない。かも。笑 

ぐーたら生活しています。

人に会って刺激を受けることと

自分の中で熟成する時間が

とっても大切な私ですが

いまは熟成の時間です.

珍しく、あんまり芝居も観ずに生活しています.

打ち合わせではもちろん
たくさんの方と会っていますが、
刺激はそれで十分という感じです.

いま一緒にやっている携帯ドラマの
プロデューサーと脚本家さんは
年齢も近いので
わいわいやっています。
内容も恋愛ドラマだから
朝っぱらから濃い恋愛話してて
それぞれの「人間」を 少しずつわかっていく
過程を楽しんでいます.

2人とも映画「レスラー」好きの少年です.笑。
あ、私も入れて 3人か.

そんなぐうたらな時間をくれたのは センスがとてもよい
2人の女友達からのプレゼント.

「ブルーデイチョコ」。Yさんから。
左上の泣き顔からひとつひとつ食べていくごとに
右下の最高の笑顔になる.という・・・。笑。
結構ざらっとした砂糖がおいしいです。

f0189447_13453839.jpg















もひとつは
京都の「つばめソース」 Mさんから。
もちろんおいし!んだけど
パッケージも私のかなりのお気に入り.

ありがとう!! 


f0189447_14504890.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-08-18 13:45 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)

本・・・て何かしら常に一冊はかばんに入っていて
読めない時もあるくせに.
重いだけの時もあるくせに

でも 手放せないもののひとつです。

いまかばんに入っているのは 
まず、
カズオ・イシグロさんの『夜想曲集〜音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』です。
彼の原作の映画『日の名残』はとても有名ですが
私は『わたしを離さないで』がとても好きです.
こんなに静かに心に波打ち、涙が出ているのか出ていないのかわからないけど
確かに心を激しく揺さぶられているという経験を初めてしました.

そして、いま 新たにかばんに入っているのが
小説『革命ステーション 5+25』(幻冬舎文庫)です。
ドラマ「妄想姉妹」でご一緒させていただいた
脚本家の三浦有為子さんが送ってくださったのです。
ありがとう。
勿論これを書かれたのは 三浦有為子さん!
携帯ドラマのノベライズという形らしいんですが
頭と最後以外は自由に書かれたそうです.
小説、なんてスゴい!!

なんだか、今の自分の足下が見えなかったり
やりたいことがあるのにままならなかったり
そんな方にオススメかも、と思います.

「妄想姉妹」チームがご活躍されているとなんだか
うれしかったりします。
なんたって、監督も脚本も女子ばつかりのチームで
面白かったですから.
私もゆるゆるがんばろーっと。

そんなこんなで、今日も私のかばんは
重いままです.
[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-08-18 13:25

ああ、勘違い


『赤い靴』(1948 監督/マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー)という映画が有ります。4歳の時 大阪の大毎地下の名画座で、人生で初めて見た映画です。

赤いトゥシューズの幻想的な映像と 自殺と言う衝撃的な主人公の人生の選択が
心に突き刺さり、何日も眠れません。心をつかんではなさない、それが恋だとしたらたぶん、これが最初の「恋」です。でもその時は、なんと、「バレエに恋した」と思ったんですよね〜。習い始めて10年、バレエの世界と言う非日常感にとりこになり やがてトウシューズを履けるようになり赤い靴も履きました。
が、ある日、なんかもやもやとしていらいらとして、「風と共に去りぬ」を上映していた映画館で一人、泣きました。好きじゃない・・好きなものが心からひとつなくなることが絶望に感じました。初めての、恋のおわりです。

次の恋は小学生の時見た、「探偵物語」(再放送)です。チャップリンとか「望郷」とかそんな映画を名画座で何本見てもわき上がらなかった「かっこいい!!」という感情を 初めて経験しました。何を勘違いしたか、珈琲を苦いのに我慢して何杯も飲み続け、駅前第一ビルの喫茶店に入ったら、補導されました。世間とか誰かが決めたルールじゃなくて 自分の尺度で生きてる人がかっこいいということを知りました。

次の恋は人間です。高校の文化祭の芝居で高杉晋作の愛人を演じた私は 高杉役の男の子、に恋しました。ある日、その子にインドの女性監督の記事を見せられた私は、なんか何かを言い当てられた気がして赤面しました。ビルの屋上で上映されたインドの女性監督が撮った「踊り子」や「戦艦ポチョムキン」を彼と一緒にあんパンとコーラ片手に見てました。その彼にふられたとき、頭が真っ白になって、泣けて来て、なんでか見に行った映画は「海と毒薬」(監督/熊井啓)。見終わったら、こんな映画あるんなら、まあ、えっかーと思いました。

大学に入って、なんとか8mm映画を撮り始め、50分の作品を完成させた頃、東映京都撮影所に見学に行きました。スタッフがみんなかっこいい!んです。ただ一人、中に怒鳴られ走り回っている男の人がいました。助監督さんです。そしたら、スタッフの一人が私の方にやってきて「あいつな、阪大出てるねん。でもいまや、あんなんやで」と笑いました。その瞬間、「助監督だけはやるまい」と心に決めたのでした。その20年後、同じ東映京都で真っ黒になって 死にそうになって 助監督をやってました。

バイトしてもバイトしても映画作りにお金が足りない状況でふと、卒論のために取材したインドネシアの人のドキュメンタリーを作りたくなり、こりゃ自分では埒あかん、と、NHK大阪に「ドキュメンタリーでこういうのを作りたい」と企画書みたいなものをもっていったら「ちゃんと就職活動して入らないと作れない」と言われました。ということは・・・「入ったら、お金に困らず映像が撮れるんや」と、受験。合格。すぐ「NHKスペシャル」の企画が通り、すぐにディレクターになりました。「サイコーや!!」。
「青春探検」とか「ETV特集」「アジア発見」とか人間をおいかけるドキュメンタリーを撮り続けました。取材している人の表情に 何度も恋しました。人間が醜さもかっこわるさも含めて どこか美しいものだと思えるのは この時期があるからかもしれません。

ところが またもやもやといらいらが募って来ました。
長い間水中にいるみたいだった。
見上げると光があって、それがゆらゆらと揺れている。
遠くからあいまいな言葉が聞こえて来て、なんだか自分を呼んでいるようだ。
ザブンと水面に出る。ぶくぶくと口からもれる。
気がついたら 思いっきりげんこつで 上司をなぐってた。
11年働いたNHKを、辞めました。晴れの日、朝、辞表を書いたのを覚えています。
だって私が恋し続けていたのは、映画だったのです。
これは、辞表の一部です。
『昔 ある人が私に言いました。
「ヴェンダース監督はこう言ってる。〝とにかく伝えたいんだ。僕の物語を。映画が撮れなかったら歌で。歌えなかったら紙切れで〟」と。
「三島にそういう気持ちはあるか」と聞かれて、ある、と答えました。今もその気持ちは変わりません。どんな形であれ、自分の物語を伝えて行こうと言う衝動、これを大事にして行きたいと思います。ありがとうございました』
辞表を提出した私は、そのままマッシュ・ボーンのバレエ公演「白鳥の湖」を見に行き、バレエを久しぶりに美しいと思いました。

6年前から、助監督、脚本(三島ゆきの名で)とかなんでもいろいろやりながら、
一昨年、東映京都でドラマデビューさせてもらって
2009年、Vシネ「刺青〜匂ひ月のごとく〜」(90分/原作・谷崎潤一郎)が公開されました。
オリジナル映画脚本「世界がお前を呼ばないなら」は2009サンダンス映像作家賞のファイナリストに選ばれ、これからはオリジナル作品の映画を作っていくことにshift していきたいと思います。恋する相手にアプローチするのが遅かったわりには 本当に少しずつですが、ちかづいているんじゃないかな?と、思っています。
今後も、ショートフィルムを撮ったり、脚本を書きつづけてじわじわと両想いになれれば、と。

ああ、それにしても、大学時代、映研に置いてあったチラシ。
阪本順治監督の「どついたるねん」のエキストラ募集したものです。あれに参加していたら、もっと早く自分の恋する相手をわかっていたかもしれません。私に後悔があるとしたら、それくらいでしょうか。

こんな私ですが、今後ともご指導いただけますようどうぞよろしくお願いします。


(以上は 映画監督協会の会報2009 8月号の中の「白羽の矢」というコーナーに書かせてもらった文章です)
[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-08-14 14:18

7月文化部活動一部

お久しぶりです.

ブログを書いてなかったら

いろんな方から

「元気にしてる?」「生きてる?」

などのメールをいただき(笑)

大変大変申し訳なく思い

書いています.ずみまぜん。

文化部活動の一部を書きます.

●映画「真夏の夜の夢」

かわいく、不思議な作品です.
日本でもファンタジーは作れるんだ
と、思いました.
f0189447_1282672.jpg







●映画「サンシャイン・クリーニング」

ダメダメな姉妹、
とてもいいですね。
ただ「リトルミスサンシャイン」とは全然
方向違う映画だと思いますが・・・・.


●舞台「現代能楽集 イプセン」(作・演出 坂手洋二)

この間のドラマに出ていただいた
馬渕英里可さんの演技が見たくていった。
そのことに、とても満足です.
いろんな役をやられていましたが
「人形の家」のノラの役で
踊りを踊り始めたときは
心がしめつけられました。



●劇団、江本純子「常に最高の状態」

文句なくおもしろい.
女の子の悪意がデッドヒートに繰り広げられて、
最後には 開放してくれる.
よーできてておもしろいですわ。

終演後、池谷のぶえさんと立ち話.
また、池谷さんが 抜群のキャラを作り出していた.
せつないほどに。映画「ミリュエルの結婚」の母親役のキャラを
思い出しました.


●映画 DVD「ぼくんち」(監督・阪本順治)

二度目ですけどね.
今回は、めちゃくちゃ泣いてしまいました.スミマセン.
西原さんの原作も素晴らしいけど
これがこれこそが
映像に昇華するってことですな〜
映像的飛躍。
ああ、大阪弁の映画撮りたいです.


f0189447_1284283.jpg
[PR]
by yukikomishimafilm | 2009-08-10 01:28 | 三島の関心空間