映画を作っています。監督・三島有紀子の公式ブログです。ここから、しなやかな、楽しい、いろんな広がりが見えてくるといいな、と、思っております。


by yukikomishimafilm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

f0189447_0102915.jpg
「リトル・ダンサー」
「めぐりあう時間たち」
「愛を読む人」。
スティーブン・ダルドリー監督はどの作品でも俳優の素晴らしい演技を引き出していると思う。

彼の作品はどれも好きな作品だ。

特に「めぐりあう時間たち」は編集も構成も素晴らしく、
自分が「よし」としている部分に鮮やかに滑り込んできたので
何度も見直しているくらい好きな作品。

リトルダンサーのミュージカル版「Billy Elliot」は
ロンドンのウエストエンドで上演されているので
いつか必ず見に行きたいです。

そして、
最新作の
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」
見た。
完璧だ。
と。
完璧、と思ってしまった。

エンドロールが終っても、しばらく立ち上がりたくなかった映画は久しぶり。
シネコンなんで映画館のトイレに駆け込んで天井見上げてしまったよ。

喪失感の中で息苦しく身につまされる。それでもこんなにも世の中は生きる価値がある。
人間が、こんな希望を感じさせる生き物であってほしいと心から思う。

911をアメリカ人ではなくイギリス人の監督が描いたのもよかったのではないかと思う。
もちろんスティーブンダルドリーの力量があるからだろうけど。
脚本も素晴らし過ぎて。撮影も照明もいいですし、音楽もちょっとあざといけどいいです。
でもそんなことより、この映画が目指した場所、が素晴らしいと思うんです。

すべての五感で多くの人が国中がはっきりと味わってしまった喪失感。

この映画で長く描かれるのは、911から1年経ったNY。
これは今の日本の喪失感にかなり近いような気がします。
この映画は私たちのための映画です。
とも思えます。

是非、こういう映画を、こういう映画こそ、一人でも多くの方にみていただきたいです。

最後に、ダルドリー監督のメッセージを
転載します。

“この映画を作りながら思ったことは、私たちは失ったものを完全に忘れて乗り越えることはできないということ。
いかにその喪失の感覚を受け止め、喪失感と共にどのように生きていくかを学ぶことが大切なのだと思います。”    -スティーブン・ダルドリー


ストーリーや予告はこちらから。
ここ。(←クリック)

f0189447_23512632.jpg
f0189447_2351740.jpg

f0189447_21415939.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-02-29 23:56 | 三島の関心空間
本日
NHK ラジオ第一放送(全国放送)
『ラジオビタミン』
   ときめきインタピュー
に呼んで頂きました。

「映画を撮りたい」と言って
8年程前にNHKを辞めて
久しぶりに行った渋谷放送センターの建物は
慣れ親しんだ場所でしたが、とてもキラキラ見えました。

そして、
先輩や同期がスタジオに応援に来てくれて
本当にありがたかったです。

そしてそして、
この放送を聞いてくださった皆様、
ありがとうございます。

映画「しあわせのパン」の感想や
放送の感想、
小説の感想
そして質問など
メールや手書きのFAXで
送ってくださったのを見たとき、
本当に聞いてくださっているお一人お一人が
見えた気がいたしました。

貴重なお時間をありがとうございました。


     三島有紀子

f0189447_23142083.jpg

※写真はMCの村上さんと神崎さんと一緒に。とても優しいお二人でした。
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-02-27 23:07 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
関西にお住まいのみなさま

「あまから手帖」の最新号(三月号)に
取材して頂いた記事が掲載されています。

「あまから手帖」は
関西に住んでいた頃
私もよく読んでいた
関西圏のグルメ情報誌です。
〝大人の愉しい食マガジン〟というコピー魅かれますよね。
作り手の気持までもきちんと取材されていて
見たら、本当に食べたくなる雑誌でした。


その雑誌の〝person〟というコーナーで
小説「しあわせのパン」とともに
紹介してくださっています。

もしよろしかったらご覧ください。

塩ラーメンの特集もおいしそうですよ!

ここ。(←クリック)
f0189447_21153417.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-02-27 12:24 | お知らせ♪
f0189447_231364.jpg
NHKのラジオ番組に生出演させて頂くことになりました!

私がNHKの局員だった頃、
近くに座っていた大先輩で敏腕で美人ディレクターの
安田由紀子さんという方が
担当してくださっています。再会が嬉しい。

どうなることやら〜。
でも誰も聞いてくれなかったら
それはそれで寂しいので
お時間がありましたら、
聞いてやってください。

2012年2月27日 AM10:05頃〜
NHK ラジオ第一放送(全国放送)
『ラジオビタミン』
   ときめきインタピュー
ここ。(←クリック)


http://www.nhk.or.jp/vitamin/interview/index.html

月曜日は
なつかしい建物、
渋谷放送センターに行って来ます。
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-02-25 02:22 | お知らせ♪
京都シネマさんには、
並々ならぬ思い出があります。

東映京都で助監督を
学ばせて頂いていた頃
休みの日の楽しみは
恵文社さんで本を買い
喫茶店で珈琲を飲み
京都シネマさんで映画を観て
泊まっていた大宮のウィークリーマンション近くの焼肉屋さんで
焼肉を食べて帰る。でした。

そして、
京都シネマの椅子に座って
何度も思ったものです。

ここにかかる
映画を撮れますように。

だから、今回
京都シネマさんにかけていただけているのは
またこれはこれで
特別に幸せなことです。

そしてこのたび
京都シネマさんにティーチイン、
呼んで頂けました。

京都にお住まいの方、
是非ご一緒に
「しあわせのパン」を見てください。18日です。
ここ。(←クリック)
http://www.kyotocinema.jp/event.php#pan

京都シネマさんはバリアフリー上映などもされている心ある映画館です。
『しあわせのパン』…バリアフリー上映 2/26(日) 時間未定
バリアフリー上映とは・・・
目や耳の不自由なお客様にも映画を楽しんでいただきたいという想いから、京都シネマでは年4回程度、京都リップルさんにご協力いただき、日本語字幕と副音声付の上映会を開催しております。予約などは必要ございません、お手伝いが必要な方は上映時間より早めに来ていただき、お声がけください。また、盲導犬と一緒にご入場いただけます。
 お問合せ:京都シネマ
 075-353-4723(電話) 
 075-344-2212(FAX)
 toiawase-kc@kisaragisha.co.jp(E-mail)



※写真は先日の御礼舞台挨拶のとき。郵便屋さんをかわいく演じてくれた
本多力さんも一緒でした。本多さんは京都のヨーロッパ企画という劇団の方です。
京都シネマさんのティーチインの日は、舞台の本番直前なのでご一緒できませんが
映画にはばっちりご出演頂いているので、本多さんファンの皆様も
是非京都シネマで映画を観てくださいね。

f0189447_10595517.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-02-15 10:57 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)

これからも。

誰かと
誰かが
出会って
生まれること
というのは
無数にあって。

それがまた
誰かの心に届いたりしたら
私は最高だとやはり思ってしまうんです。

だから

そのために
日々自分のできること
を増やして行くこと。


そして君と僕が出会ったらこんなことできるよね。
あなたと私ならこんなことしてあげられるかも。

そんな出会いから生まれたことを

動いて

形にして、

結果を見つめて、

考えて、

またそんな話をして、

また動いて。

その繰り返し。


その繰り返しで



人生を全うしたい。



では、仕事に行って来ます。
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-02-10 13:08 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
園子温監督の「ヒミズ」と
イーストウッド監督の「J.Edgar」と
ナ・ホンジン監督の「哀しき獣」と
デヴィッド・フィンチャー監督の「ドラゴン・タトゥーの女」

早く観たい!!

※写真は演出するイーストウッド監督
f0189447_1374843.jpg


見れたのは
□映画
キツツキと雨(監督:沖田修一)
宇宙人ポール(監督:グレッグ・モットーラ)
アフロ田中(監督:松井大悟)試写
ロボジー(監督:矢口史靖)
忌野清志郎ナニワサリバンショー(監督:鈴木剛)
CUT(監督:アミール・ナデリ)

□舞台
「下谷万年町物語」作・唐十郎 演出・蜷川幸雄
「龍を撫でた男」作・福田恆存  演出・ケラ
「青木さん家の奥さん」南河内万歳一座 内藤裕敬プロデュース
「寿歌」作・北村 想 演出・千葉哲也

□ライブ
年末ですが
矢野顕子リサイタル!八ヶ岳音楽堂
良元優作ライブ
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-02-06 13:08 | 三島の関心空間
ポプラ社さんが発行されている雑誌astaは
作家さんのエッセイや短篇やインタビューが載っているなかなか充実した
一冊にも関わらず
250円と言う安さです。

とても素敵な雑誌なので是非手にとってみてください。

ちなみに2月号は
小説「しあわせのパン」を書かせて頂いた経緯や想いなんかを
質問文に答える形で寄稿させて頂いているので
もしよかったら
パラパラと見てみてください。
ここ。(←クリック)

表紙が素敵な三日月のイラストです。
f0189447_11553226.gif

[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-02-06 11:56 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)