映画を作っています。監督・三島有紀子のブログです。ここから、しなやかな、楽しい、いろんな広がりが見えてくるといいな、と、思っております。


by yukikomishimafilm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雑誌「hito(ヒト)」さんにインタビューを載せて頂きました。
今月の「hito」のテーマは 〝撮る〟ヒト。
ここ。(←クリック)
f0189447_0325173.jpg


編集長はイラストレーターでもあるオザワミカさん。ここ。(←クリック)
写真は サト・ノリユキさん。ここ。(←クリック)
表紙のイラストは玉村へビオさん。ここ。(←クリック)
というかなり素敵な雑誌です。
サトさんの〝ポートレートを撮る〟コーナーなんて、かなり面白いですよ!
カメラマンはもちろんのこと、写真を撮るのが好きな方も是非ごらんあれ。

しかしこの取材、本当に楽しくて
初対面なのにお友達とずっといろんな話を突き詰めてしている時のような
素敵な時間でした。
緊張のなさが(笑)出ていると思います。

そして、オザワさんとカメラマンのサト・ノリユキさんの仕事ぶりとセンスが
一流で、勉強になったと同時にこういう仕事ぶりで仕事をしたいなと思いました。

取材する人も撮る人も 人間に本当の意味で興味があるかないかで
全然違うと思います。

そして、やはり「自分がやるからには」
といういい意味のプライドをお持ちです。
基本的なことなんですが
そこが私的にはたまらないお二人でした。

ありがとうございました!


ちなみにわたしは、この雑誌は
新宿の模索舎(書店)さんで見ていました。


是非、読んでみてくださいね!


【東京での販売店は以下です】全国の販売店はホームページでごらんくださると嬉しいです。

■マルプギャラリー(ギャラリー)・・・東京都豊島区池袋3-18-5|TEL: 03-5926-6772|HP : http://malpu.com/index.html

■mamantoco(雑貨店)・・・東京都世田谷区奥沢7-5-10-102|HP : http://mamantoco.jp/

■古書ビビビ(書店)・・・東京都世田谷区北沢1-40-8 土屋ビル1F|TEL : 03-3467-0085|HP : http://bi-bi-bi.net/

■リズム&ブックス(古書店)・・・東京都渋谷区富ヶ谷1-9-15星ビル1F|TEL : 03-6407-0788|HP : http://rhythm-books.com/

■VACANT(ギャラリー・カフェ・ショップ)・・・東京都渋谷区神宮前3-20-13|TEL : 03-6459-2962|HP : http://www.n0idea.com/vacant/top.html

■GALLERY DAZZLE(ギャラリー)・・・東京都港区北青山2-12-20 #101|TEL :03-3746-4760|HP : http://gallery-dazzle.com/

■BOOK246(書店)・・・東京都港区南青山1-2-6 Lattice aoyama 1F|TEL : 03-5771-6899|HP : http://www.book246.com/top.html

■ヒナタ屋(カフェ)・・・東京都千代田区神田小川町3-10 振天堂ビル4F|TEL : 03-5848-7520|HP : http://www4.plala.or.jp/HINATA-YA/

■模索舎(書店)・・・東京都新宿区新宿2ー4ー9|TEL : 03-3352-3557|HP : http://www.mosakusha.com/

■タコシェ(書籍・CD・雑貨)・・・東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F|TEL : 03-5343-3010|HP : http://tacoche.com/

■ジュンク堂書店/吉祥寺店・・・東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 コピス吉祥寺6-7F|TEL : 0422-28-5333|HP : http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-kichijoji.html

■トムズボックス(絵本・その他書籍)・・・東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-7|TEL : 0422-23-0868|HP : http://www.tomsbox.co.jp/

■Mojo Cafe(カフェ)・・・東京都武蔵野市吉祥寺本町1-12-4 2F|TEL : 0422-27-2676|HP : http://mojocafe.info/
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-03-30 00:41 | *お知らせ
『「ひとりぽっちの」の会長にしてあげる。わたしは副会長ね』

そう言ったのは、映画「しあわせのパン」で撮影させてもらった
ツキウラにあるカフェの女性Nさんだった。
Nさんとは、撮影前から撮影中そしてその後もずっと友達でいてくれる
「ひとりぽっち」仲間である。
そのNさんが私にぴったりの絵本がある、とプレゼントしてくれたのが

ささきまきさんの『やっぱりおおかみ』

だった。


f0189447_12415853.jpg


「おおかみは もういないと みんな おもっていますが 
ほんとうは いっぴきだけ いきのこっていたのです 
(中略)
ひとりぽっちのオオカミは、なかまをさがして 
まいにち うろついています」。

じぶんに似た生き物を探してもいなくって、「け」と言ってはまた別の場所。
うさぎやブタやしかは、たくさん仲間が集まってずいぶんと楽しそう。
でも、オオカミはうさぎにもブタにもしかにもなれない。

…その絵本のプレゼントに思わず口元が緩んだ。
けど、何度か読んでいるうちに、気づいたのだ。

ぶたがたくさん集まったマーケットをのぞいたときの黒い影のような小さなオオカミ。
「あ、わたし、これ見たことがある」。

そして、先日実家に戻って父親の書斎にもぐりこんだ。
主であった父親を失った書斎はひっそりとしているのに、
生き物がそこここに埋もれているように思えた。
引き出しの中、本棚の隙間、木箱の奥、
誰とも似ていないまったくちがう生き物がきっとここには潜んでいる。
小さい頃、この部屋で、わたしはたった一人なんだと思っていた。
本だけに囲まれて、灯りがぼんやりとついたこの部屋に座ると、急に楽になったのを覚えている。
でもそれは、きっと、ひとりぽっちを受け入れたたくさんの生き物たちが潜んでいたからだ。

そして、
とうとう
見つけたのだ。

本棚の奥に。
『やっぱりおおかみ』。
わたしは、この本をちゃんと通過していた。

Nさんといる時間は、きっとこの書斎にいる感覚に近い。ひとりぽっちが集まっている。

絵本の最後にこう書いてあって、わたしはほくそ笑んだ。

「やっぱりおれはおおかみだもんな。
おおかみとして いきるしかないよ。
   け。
そう思うと 
なんだか ふしぎにゆかいな気持ちになって来ました。」
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-03-24 12:42 | *ありがたいできごと
f0189447_23283620.jpg
3月3日、
南三陸町で無事に
映画「しあわせのパン」無料上映会を
することができました。

こちらから機材を持って行けなかったこともあり、
映画館のようには充分な環境でお見せ出来なかったのが
心苦しかったのですが、

会場として貸してくださったホテル観洋の皆さん、
現場スタッフのみなさんのおかげで、
いい上映会となりました。

ありがとうございます。


「あれから、初めて映画を見た」
という方がたくさんいらっしゃって、
「見ている間、いろんなことを忘れて幸せな気持ちになれました」
と言ってくださったとき、
無理にでも実現できてよかったと
あらためて思いました。

上映中の映画を無料上映することは
いろんな方の賛同と協力と尽力がなければ
成立しません。
実現に向けて尽力くださったみなさま、
本当におつかれさまでした。
そしてありがとうございました。

南三陸町のいろんなところを見てきました。
そのある一角に新しい商店街が出来ていました。
それはプレハブでしたが、
活気がみなぎっていて、人間の底力を感じました。

何より、
そこに掲げられているのぼりに
「福興市」
と書いてあったことが
素敵だと思いました。
漢字を一字変えるだけでこんなにも素敵な言葉になるなんて。
失ったものを取り戻すのではなく、

福を興す、

こんな発想ができる人間になりたいと思いますし
同時に南三陸町のみなさんの素晴らしさに心動かされました。
(これがもしどこかの代理店のコピーライターさんが考えたことだったとしても
そのクリエイターさんに敬意を表します)。

そして、

作って
売って
食べて
寝る。

このシンプルな生活の積み重ねの大切さを見せて頂いた気がいたします。

ありがとうございました。

その商店街で買った、たこぷりん(キッシュ)とラーメンもやきそばもおいしかったです。
みんなでシェアしていただきました。

南三陸町の皆さん
本当にありがとうございました。
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-03-04 23:25 | 三島の関心空間