映画を作っています。監督・三島有紀子の公式ブログです。ここから、しなやかな、楽しい、いろんな広がりが見えてくるといいな、と、思っております。


by yukikomishimafilm
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
洞爺・月浦での一ヶ月近い滞在から、札幌経由で
東京に戻って参りました。

月浦での生活は
刻々と変る自然の風景と
軽やかに耳元に吹く風
おいしいパンとお料理
そして「珈琲入りました」という声と薫りとともに
出される珈琲。
たくさんの生き物たち(自分も含めて)が自分の周りを囲んでいました。
何かあるとお話しして、軽く一杯飲んだり、お茶したり、一緒にごはん食べたりと
会話してて楽しいみなさんと暮らすことが出来て
わたしとしては
今まで生きて来た中でも
この上ない幸せな時間となりました。

とりあえずラストまで書き上げた日
ご家族のみなさんが
イタリア料理とワインで一緒に乾杯をしてくれました。

そうして
雪虫が舞い始めた頃、
わたしは帰路についたのでした。

ありがとうございます。
いろんなことに
ありがとうございます。

東京でも
いろんなことを考える日々がつづいています。
東京の空はこんな空。
これも好きです。
f0189447_12204661.jpg

[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-10-24 12:03 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
今朝の洞爺湖があまりに幻想的だったので、アップします。

まるで湖の中から太陽が生まれてくるようです。


f0189447_1042139.jpg






映画『しあわせのパン』公式サイト
サイトです。(←クリック)
主題歌についての新しい記事を載せてくださいました。
よかったらご覧ください。
こちらの記事です。(←クリック)
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-10-09 10:43 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
予告が発表される中、わたしはロケ地へ!
f0189447_22472261.jpg

2日のよる、わたしは札幌行き北斗星 深夜特急の夜行列車の中にいました。
実は 書き物に集中するために洞爺へ行くことにしたのです。
さあ、書きまくるぞ!
しかし計算ちがいはこの列車がファンにはたまらない古い型ですごい揺れです(笑)
しかも電源がない〜!まあ朝まではもつでしょう!
パソコンで文字をうってると若干酔いそうです。
でもみなさま!
一度は絶対にこの列車で北海道へ!サイコーに楽しい旅になります!
朝焼けとともに青函トンネルをぬけて北海道の大地が広がる瞬間の美しさと言ったらありませんよ。
でも帰りはいつも飛行機です。


f0189447_23152285.jpg
f0189447_22473723.jpg

朝、トンネルを抜けると 朝日で 車内はこんな明かり。

f0189447_22474996.jpg


モーニングを頂こうと六時半の一番乗りで食堂車へ。そこの窓から見えた大沼公園をキャッチしました。
水というのは私にとって大事なファクターです。進行方向に向かって左側からよく見えます。
食堂車はただいま 老夫婦の方、若い夫婦の方、かなりのテツ好きの男性ひとり、妙齢の女性とそのご両親の家族旅行、そして女ひとり←これ、わたしです(笑)


さて、撮影時にも大変お世話になったトーヤマンに駅から送ってもらい
撮影場所のカフェ、ゴーシュさんへ。
着いたらカフェのお二人がこの部屋を用意してくれていました。

f0189447_2248373.jpg

しばらくの間の私の仕事場です。
わたしは、ここで書いてはおいしいごはんをいただき
また書くという暮らしを続けています。
実は撮影中はここがメイクルームでした。

みなさんに感謝しながらひたすら書きたいと思います。
何を書いているかはまたお知らせできる日が来ると思うので
待っててくださいね。

主題歌についての新しい記事を載せてくださいました。
よかったらご覧ください。
こちらの記事です。(←クリック)
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-10-06 22:48 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
主題歌が発表されました。
こちらの記事です。(←クリック)
ずっと大好きで
ずっと大切な曲を
主題歌にできた私はしあわせです。
清志郎さんが亡くなったとき、この歌を一晩中聞いていました。
みなさんも是非聞いてみてください。



拝啓 矢野顕子and忌野清志郎 さま!

初めて母に買ってもらったLPレコードはキエフバレエ団の「白鳥の湖」でした。

初めて兄貴にプレゼントされたシングルレコードは、ジェームス・ブラウンの「セックス・マシーン」でした。

そして、初めて自分で買った邦楽のレコードが、矢野顕子さんの「ごはんができたよ」だったのです。

その中に入っていた「ひとつだけ」という歌。

ほしいものはたくさんあるの。

でもほんとに「ほしいものはたったひとつだけ」と歌うこの歌は

ほしいものをわかっている人間が一番つよいと言うことを私に教えてくれました。

そしてそれが誰かを、何かを(と言い換えてもいいと思います)

〝想う〟ということが何より大切なことなんじゃないかなと思わせてくれた歌です。

だから、どんな大変な夜もこの歌が私の心を埋めてくれた、そんな存在でした。



大人になって

『はじめてのやのあきこ』を聞いた時、

あ、と息が止まりました。

矢野顕子さんと忌野清志郎さんが歌う「ひとつだけ」は

君の黒い心の扉を開く鍵がほしい、という。

女子ワールドから一気に少年心の世界へスライドして

自分の中に新しい物語が広がっていきました。

とっさに、いつかこの歌がエンディングに流れる映画を作りたいと

思ったのです。

 

離れている関係より

一緒にいるんだけど心だけが離れている

そんなふたりを描きたい。

その関係は男と男でもいいし女と男でもいいし女と女でもいい。



そして、今回映画『しあわせのパン』を作る時に

撮影場所の北海道のカフェを見つけた時

真っ先に心の中にこの歌が流れました。

紺碧の湖、一面真っ白な雪の世界、この場所でこんな美しい場所で

〝そばにいるのに心だけが届かない夫婦〟の話を作りたいと思いました。

プロデューサーのみなさんに『ひとつだけ』を聞いていただいて

「こんな世界の映画を作りたい」とお伝えし、この歌を聴きながら脚本を書きました。





プロデューサーはじめたくさんの方々のご尽力があって

矢野顕子さんにお許しを出していただけて

この映画に

名曲『ひとつだけ』が流れることになりました。



この歌がなかったら生まれていなかった映画、です。



時にひとはほんとにほしいものを見失うし間違えます。

自分もそんな時がありました。

でもじぶんにとってのひとつだけがなんなのか、わかっている人間が一番つよいとやっぱり思います。



今のわたしの願いは、ひとつだけです。

わたしが「ひとつだけ」を聞いて受けとった何かが

映画を見てくださった方々に少しでも伝わりますように。

もし伝わったとしたら

それはとても幸せだなと思います。


最後に、矢野顕子さん忌野清志郎さん、この歌を生んでくださってありがとうございます!

心から感謝しています。


               監督・脚本 三島有紀子
映画『しあわせのパン』公式サイト
サイトです。(←クリック)

※追伸
映画『監督失格』のエンディング、矢野顕子さんの「しあわせなバカタレ」も素晴らしいです。
映画もホンモノ。よかったです!こちらも是非ご覧ください。
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-10-04 19:33 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
f0189447_21244438.jpg


2012年1月公開、監督・脚本をやらせていただいた
映画「しあわせのパン」の公式サイトが
OPENしました。

トップページは開ける度に変ります!ステキな風景、おいしそうなパン。知世さんと洋さんのビジュアルもあります。どうぞお楽しみください。

詳しくはこちらまで↓
映画『しあわせのパン』公式サイト
サイトです。(←クリック)
http://shiawase-pan.asmik-ace.co.jp/index.html
わけあうたびに、わかりあえる気がする。北海道、月浦。湖のほとりのパンカフェ。春夏秋冬、ここちよい暮らし。



映画『しあわせのパン』
フェイスブックです。(←クリック)
www.facebook.com
映画『しあわせのパン』
- Starring: 原田知世&大泉洋 ほか
- Directed By: 三島有紀子
- Description: わけあうたびに わかりあえる 気がする  北海道・月浦 湖のほとりにあるパンカフェ 春夏秋冬、ここちよい暮らし | Facebook
















-yukiko mishima
大阪府出身。
18歳からインディーズ映画を撮り始め、大学卒業後、NHKに入局。
「NHKスペシャル」「ETV特集」「トップランナー」など、
『人生で突然ふりかかる出来事から受ける、心の痛みと再生』をテーマに
一貫して市井を生きる人々のドキュメンタリー作品を監督。11年間の在籍を経
て、フリーランスに。
以降、助監督をやりながら脚本を書き続け、『刺青〜匂ひ月のごとく〜』(09)で
映画監督デビュー。
テレビドラマ「京都地検の女」(07/EX)、「妄想姉妹~文學という名のもとに~」(09/NTV)、「LOVE GAME」(09/YTV)、「アザミ嬢のララバイ」(10/MBS)なども数多く演出。
オリジナル脚本「世界がお前を呼ばないなら」は09年サンダンスNHK国際映像作家賞で優秀作品選出。
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-09-28 21:24 | 三島の仕事
f0189447_1743545.jpg

映画「しあわせのパン」公開日決定しました!

★2012年1月21日(土)北海道先行ロードショー
★2012年1月28日(土)全国ロードショー

■出演

原田知世

大泉洋


森カンナ
平岡祐太

光石研
八木優希

中村靖日
池谷のぶえ
本多力
霧島れいか
大橋のぞみ(声の出演)

信太真妃
イマニシケンタ
田中温子

あがた森魚

余貴美子

渡辺美佐子

中村嘉葎雄


■監督・脚本
三島有紀子 

■企画
鈴井亜由美(クリエイティブオフィスキュー)

■製作プロダクション
アットムービー

■配給
アスミック・エース

f0189447_5101851.jpg

★次号の『日本映画マガジン』は大泉洋さん特集です。
洋さんのいままで出演された映画のことも満載。
もちろん『しあわせのパン』のことや三島もちらっと載ってますので よろしかったら
是非見てやってください。
f0189447_18563650.gif

[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-07-29 17:42 | 三島の仕事

今日の台詞。

「愛情。
触れ合うと、心がかよう。
私は94歳だが、朝起​きたとき88歳の家内の手を握るよ。
お互いの命を、自分の命を​大事にする、本当の人間愛、本当の人権、
日本には、この人権がな​い」。

「内部被曝の脅威 」(ちくま新書)の著者である医師・肥田舜太郎さんの言葉です。
広島で軍医として勤務中に被曝し、以来ヒバクシャ治療に携わってきた方です。
そこに書かれていたのは
よくよく考えたら考えられたけど、それを裏付けされるとせつなくいたたまれなくなるほどの
原爆投下から一ヶ月後以降の広島の実態でした。
どうして放射性物質の身体への被害が知らされていないのか。
どんな症状が今後増える可能性があるのか。

是非読んでみて下さい。
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-07-17 16:11 | 三島の関心空間
映画「しあわせのパン」の撮影場所である洞爺と月浦に行って来ました。
メイキングのロングインタビューをあらためて撮りたいと
HTBの大人気アナ小野優子さんが言ってくださって
私はまた、この地を踏む事が出来た訳です。

f0189447_14552259.jpg

やはり、何度来ても 気持ちいい心地いい 場所です。
風と水と光。ああ、ほんとに素晴らしい。


小野優子さんのいろんな工夫のおかげで
照れ屋の私も、ゆったりとした気持ちでいろいろ話す事が出来ました。
ありがとうございます。

で、無事に終わり 撮影先のカフェで居候が始まりました。 


札幌での試写に向けて 撮影中お世話になった北島さんや中村さん(スタッフと一緒に泊まらせていただいていた大和旅館のご主人)や高臣さんと
一台の車で ドライブ。売れないバンドのツアーみたいに車で話が盛り上がり 
馬鹿話あり、真面目な話あり、歌あり、芝居?ありの往復4時間でした。
副社の鈴井亜由美さんにスープカレーのお店「yellow」にも連れて行ってもらい
全員 スープカレー初体験をすませました。

で、試写も無事におわり、 撮影先のカフェで居候に戻りました。


カフェの子供たちに「居候」と呼ばれ「ミッシー、いつも寝てるね」とか「ミッシーって変だよね」とか言われていますが
きみらに言われたくないっっっっ。私だって、本読んでたらいつのまにか寝てたり、テラスで日光浴してたらいつの間にか寝てたりしてるだけですからねっっっ。
無愛想すぎて、店には立たしてくれないし、せいぜい机拭くくらいしかできないの。
でも、
小学生で池波正太郎 読破したり 
将来読書家になるとか、将来王様になるとか言ってる君たちに言われたくないのっっ。笑。

そして、最後の夜、カフェのO夫婦のNさんが誕生日の前の日だったので
パーティをした。

もちろん、旦那さんがクグロフを焼いた。
もちろん、月浦ワインを用意した。
子供たちは パンケーキを焼いて何枚も重ねて生クリームでデコレーション。
わたしは、焼いている子供たちに ひっくり返すタイミングを「今だっっっ」と叫んでいただけです。
そして 買って来たプレゼントとみんなに書いてもらったお手紙を渡す。

もちろん、旦那さんの手紙は、私、読んでませんよ〜。

「すごく久しぶりに手紙もらった〜」とNさんも笑顔でみんなが笑顔だったので
よかったな〜と思いました。うん。

f0189447_14553681.jpg




楽しい時間、ありがとう。
東京生活が暑すぎて復活できる自信がないですが
なんとか生き延びたいと思います。



そして帰って来たらまた女友達二人の誕生日を
ビストロ・ダルテミスでお祝いしました。
手頃な値段でものすごくおいしいんだけど
二人より貧乏なんで 割り勘です。笑。
f0189447_155853.jpg



そして私は初めてギャルソンに言いました。
「お願いしていた、例のものを!」。

f0189447_14545661.jpg


出て来て、二人は感激?!笑。

「ゆきおちゃん(三島由紀夫からこう呼ばれている)、男だったらもてたよね〜」。

へいへい。
そうかもね。

ま、誰かの誕生日を祝えるのは楽しいもんです。

まだまだ祝いたい人がいます。

待っててね!!

※最近見た舞台
「発進、オーライ!」
「黒い十人の女」
「ベッジ・パードン」
「ノイゼス オフ」
「雨」
「海の牙」

※最近見た映画
「昼間から呑む」〝これ、映画館の入場の時にまっこりが配られて それを呑みながら鑑賞。このサービス最高でした!当然観た後、焼肉とまっこり頂きましたよ〟
「監督失格」(試写)
「マイ・バック・ページ」
「うさぎドロップ」(試写)
「探偵はbarにいる」(試写)
「モールス」(試写)
…コメントを書かせていただきました。よかったら。スティーブン・キングがこの20年で一番恐い映画と評されています。是非見てください。とてもとてもとても美しく奇跡的な映画です。
http://morse-movie.com/
「大鹿村騒動記」(試写&映画館)
「奇跡」

 
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-07-13 14:57 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
おかげさまで
監督・脚本をやらせていただいた
映画「しあわせのパン」(主演・原田知世 大泉洋)
の初号試写を迎える事が出来ました。

本当の意味での映画の誕生は公開初日かと思いますが

こんなご時世でも
たくさんの方々に見守られて ちゃんと生まれ出てくれた
この作品は 本当に幸せ者だと思います。

今日はなんたって、北海道からも見に来てくださった方が
何人もいたのです。

映画に関わるすべての皆様
ひとまず
本当にお疲れさまです!!
そして
ありがとうございました!!!!
そして
これからもよろしくお願いします!!!!!!

追伸・
今日、乾杯できた方、ありがとうございます。
今日、乾杯できなかった方、是非乾杯お願いします。
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-06-01 01:42 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)

あの日から

あの日からなんだかいろいろと変ってしまいました。
3月11日以降、
少なくとも私には
映画を見ても
芝居を見ても
東京の風景を見ても
そう、同じものを見ても違ったものに見えてしまいます。
感じ方がやっぱり違うのです。

いま作っている映画「しあわせのパン」は
公開する頃にはどんな風に見えるんだろうか。
何がきちんと伝わるのだろうか。

そしていま、企画を進めている映画はどのように
受け止められるんだろうか。どんな風にすれば
届くんだろうか。

変るかもしれないし
変らないかもしれません。

でも、あれから
考え続けています。

いずれにしろ、
見て、考えて、
あらためて
発信し続けて行く。
とにかく、頑張って行かないと、と思います。

     三島有紀子


★ブログを書いてない間に見た映画
『悪魔を見た』
『阪急電車』試写
『塔の上のラプンツェル(3D)』
『ソウルキッチン』
『キックアス』
『冷たい熱帯魚』
『軽蔑』試写 
『わたしを離さないで』
『八日目の蝉』
『東京公園』試写
『あぜ道のダンディ』試写
『ブラック・スワン』
『まほろ多田便利軒』
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-05-30 16:31 | 三島の関心空間

おかげさまで。

ダビングがおわって2日間、泥のように寝続けた。
ほぼ、全く起きていない。
よくあんなに寝れるものだ。
でもまだラボ作業があるので、映画「しあわせのパン」は完成してないけど…。
早く映画の誕生日が来てほしいなあ。
それはやはり公開日になるんだろうか。

で、今日は私の誕生日。

たくさんの方々が
おめでとうメールやらカードやら
リスペクトして止まないAさんからいただいた超軽量スポーツウォッチを筆頭に
(やっぱり、運動してひきしめないとダメですよね…)
Hさんから北海道の西山ラーメンやら(しばらくラーメン祭りや〜←全然やせる気なし、やん)
撮影部のNさんからはハーブスのケーキやら(「ユキコちゃん おめでとう」とプレート付き。ろうそくは四本。優しいなあ。笑)
元同僚で大河などのVEやっているYさんからは吉祥寺のおいしいハーブTEE(ここのは だしがら?までおいしい)
&イギリスのオリーブの木で作ったと言われるボールペンやら(イギリスの雑貨ばっかり扱っている店が馬場にあるらしい)
大阪のイラストレーターの友人から 自作のイラスト入りTシャツやら(すごっ)
北海道から友人が 手作り石けん やら(ラッピングまで素敵)
オークランドに移住したRからはさるの便箋やらアホな顔した人形(元気なようだ)
文學好きなHさんからは詩集もいただいたり
映画「しあわせのパン」でイラスト関係を全部描いてくれたFさんからイランのグラスやら(ペアです。ふふふ)
ディレクターK女史からは イニシャルペンダント(←いま、流行ってるらしい「三島さんもこれくらいしたら女扱いされるかもよ」だって)

こんなに祝ってもらって
ほんとに、うれしいです。
ありがとうございます。

私の今日と言う日は
何気ない1日。

いつもは仕事か 映画か芝居を見ると決めているのに
昼過ぎまで寝てて
シーツも全部洗濯して
ホッとして
ハーブティーのんで
ホッとして
後輩のお父様が亡くなられたのでお通夜行って
もらったラーメン作って
もらったケーキ食べて
おしまい。

さあ、こんなにいい気持ちにしてもらって
私は周りに、何を返せるかな。
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-04-22 23:58 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
昨日今日と
原田知世さんと大泉洋さんのアフレコでした。

洋さんは 前日まで 東映さんの映画
『探偵はBARにいる』
(←実はこの作品、十年来の友人須藤泰司プロデューサーの作品。これもおもしろそうですよ〜)
の撮影でしっぶいハードボイルドを演じてらっしゃいましたので 研ぎ澄まされたお顔と
トーンの低い男前の声で登場!

アフレコが始まると
おもわず わたし
『もっとかわいくっ』と言ってしまいました(笑)
どんな演出?!
そしてしっかり
かわいく台詞を言ってくれました。

これぞ『しあわせのパン』!

知世さんは
スーッと気がついたらキャラクターが降りて来たような感じで始まっていきました。あ〜まるで月浦の湖から風が吹いたようなさわやかさ。素敵でした!
(私のヘビロテは 知世さんの「青い鳥」と映画キックアスの「make  me  want  to die」)

ひとつひとつに込められる台詞は 言い方が少し変わると全然変わります。
台詞を自分で書いているからというのではなく、
アフレコを大切にしたいなと思うのは
音の響き、気持ちを大切にしたいからです。

そして 今日は三度めの音楽打ち合わせ!
音楽は安川午朗さんです。
わたしは『ヌードの夜』から大好きで『孤高のメス』も好きです。
今回も…
あ〜ね、いいです。
まず世界観がいいです。
目指していることをわたしがごにょごにょ言ってると
音楽の安川さんが言語化してくれるというありがたい方です。

ダビングが楽しみです!
ではおやすみなさい!
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-04-15 01:02

本日の台詞

「いつもやさしく愛想よくなんてやってられないよ。

理由はかんたん。時間がないんだ。」

        by スナフキン
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-03-30 02:09

本日の台詞

信念があるか。
その行動は自分を勇気づけてくれるか。
全体のことを考えられているか。
根拠のないことを信じてしまっていないか。
何が一番必要か。
全力を注げているか。
誰の力があれば実現可能なのか。
素直に頼めるか。
共に具体的方法を見つけ出せるか。
十分な準備をしているか。
本当に必要なこと、確信を持っていることを細部にいたるまで周囲に伝えられるか。
最後まで恥ずべき行動をとらないでいられるか。
…noble stubbornness。
つねに自問していきたい。

ほんとのことを言っている人間の言葉と表情は強いと思う。

本日の台詞。誰の台詞かはあえて書きません。でも上記のことを実行した人の言葉です。
「もう遅い時間ですから。お酒を飲みながら、一人で、反省会をしたいです」。
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-03-20 02:11 | 三島の関心空間

大丈夫ですか?

東京のとあるJRの駅で東日本大地震にあいました。
電車がとても揺れたのでホームに降りたのですが
駅の看板のプラスチックの破片が降ってきて、 蛍光灯が割れたので
これは天井が落ちるな、と
また電車の中に入りました。みんな座り込んでいて叫んでいました。
命の危険を感じました。
おさまって、そのまま歩いて家に帰れました。

帰ってテレビで東北地方の被害状況を知り
愕然とし、いろんなことが想像されて心が痛みました。

関東はもちろん、関西からも北海道からもいろんな人達から
「ダイジョウブ?」というメールや電話をたくさんいただいて
私も送りました。
お互いの「大丈夫」を確認しあいました。
連絡をくれた方,本当にありがとうございます。

茨城の友達は 電気水道がストップして 避難所で過ごしたとの事。
でも無事でした。

福島県いわき市の友人は今も連絡がとれません。

あと、親友のライターは、日々全国を飛び回っていますが
連絡がとれません。

無事でいる事を
心から
何度も何度も
祈っています。

とりあえず
いま、できることを、します。

限りアル電気を『分け合って』乗り越えるしかありません。
電力の消費の70%は企業と言われています。
ファミリーマートなどが、看板の電気を消した方針に賛同します。
コンビニは看板がなくても充分明るいです。
楽天は電力消費を減らすために明日から、日替わりで社員を半分ずつ出社させる事に決めたようです。

われわれのように一般のできることは
いろんなコンセントを抜く事ではないかと思います。
私は,
ウォシュレット関係の電源切る。
ビデオやDVDプレイヤーのコンセントもぬきました。
自炊で使うのはガスだけ。
夜はキャンドルですごしています。
そして早々に寝ます。
やれます。やれます。

(あと、阪神淡路の震災経験者としては
避難する時のために
懐中電灯と履物(履いて出れたとしても瓦礫ですぐだめになります)と
あめ(お菓子より喉を潤し長時間持ちます)と
レインコートは
かばんに入れて玄関に置いておいた方がいいと思います。)

世界中から寄せられた励ましの言葉や映像に感謝しながら
自分もできること、
いまから何を発信して行くのか、
今一度
考えて行動したいと思います。

とにかく、
みなさんの無事を祈ってます!

        三島有紀子
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-03-14 00:05
久しぶりに書いてます。

同性同名の方がツイッターやってらっしゃるらしく たまに間違えられます。

一応、言っときます。

私は、ツイッターやってません。

で、で、で、ずっと編集でやれなかった確定申告が終了。ほっ。
わたしは、初めて助監督やらせていただいた制作会社の経理さんに指導してもらってやってます。
この季節になると、焼酎1本もってやって来る私。
笑顔で迎えてくれるほんと優しい方々・・・。
そして、ひとつひとつ。この1年はこの制作会社とお仕事させてもらったな〜、とか
モノ作りの対価としてこれだけもらえたな〜とかしみじみありがたく思います。
フリーってそういうところ、私には健全です。
今の作品もまだまだ続きますし、次の作品に向けていまからいろいろやらなくては〜。
 
※最近見た映画
「英国王のスピーチ」
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-03-10 21:33 | 三島の関心空間

編集中。

映画「しあわせのパン」の怒濤の編集中です。

徒歩で中野の編集室に通ってこもっているので
電車にも乗らず、現実感ないです。
なんで、全然ブログも書けず、
音沙汰もなくなっています。すみません。

撮影から戻って来て
ほとんど人とも会ってないし
芝居も映画もほぼ見てません。
なので、
見たい映画が目白押し。

編集アップしたら見に行くぞ~。
毎日2本ずつ見るぞ~。

まずは
「私を離さないで」
「英国王のスピーチ」
「冷たい熱帯魚」。
「ヒアアフター」
「悪魔を見た」

※撮影から帰って見た映画
「ソーシャルネットワーク」(監督/D・フィンチャー)
「幸せの始まりは」(監督/ジェームズ・L・ブルックス)
※舞台
「浮標」(作・三好十郎 演出・長塚圭史)
「焼肉ドラゴン」(作・演出 鄭 義信)
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-03-02 19:35 | 三島の関心空間

撮影中の写真など

基本的に撮影中はカメラも携帯も持ち歩いていないので
ほぼ
撮影終ってからの写真の方が多いです。ごめんなさい。

※私の撮影はこのおまもりから始まりました。
お借りしているロケ場所のOさんが手作りで作ってくれたもの。
ハーブのいい香りがします。
f0189447_21371935.jpg

Oさん夫婦のご協力と愛情がなかったら
f0189447_21551870.jpg
f0189447_21544833.jpg
この映画は生まれていません。素敵な二人です。

※最終日のロケ先の朝焼け。
私は,いつも先発のチームと一緒に現場に行きます。
天候もそうですし、日々の状況は 役者さんの体調も含め
刻々と変っています。
撮影する今日の状態をいち早く確認したいのです。ま、貧乏性です。

f0189447_2112839.jpg




※これは、全オールアップの日の打ち上げで
  「クランクアップ おめでとうございます」と、
 みんなからプレゼントしてもらった Tシャツです。
 早速着てたらメッセージを書いてくれました。
f0189447_21124144.jpg

f0189447_21212752.jpg


※ハイライダーの上から撮った写真。
 雪原のカットを撮っていました。実はわたしは、高所恐怖症で。
もちろん、撮影してる時は平気なんですが
上がって行く時がだめなので キャメラマンの瀬川さんに
「ドSがMになる瞬間が来るぞ〜」
と言われ
 写真でもとって 平気なフリをしようと撮った現場で撮った1枚だけの写真です。
f0189447_2113421.jpg



※撮影終了した次の日、
美術の飾りの搬出をみんなでやって、もともとお借りしていたところの家具を搬入して
昼ご飯までに時間があったので 近くの坂でみんなでそり遊びをしました。
あんなに大変だった撮影の時とは うって変ってみんな ただただ笑ってました。

f0189447_21215610.jpg


これは、そりですべっている 私の主観カットです。笑。
長い長い坂はすべってて 最高の気分。やみつきになりました。

f0189447_21222626.jpg


※最後に私の「ヨーイスタート」でそりレース決行!
f0189447_12285883.jpg

[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-02-01 21:23 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)

撮影中?の写真など

写真は打ち上げなどなど。
泊まらせていただいていた
大和旅館でジンギスカン!!
お疲れさまでした!!

f0189447_211790.jpg

f0189447_211563.jpg
f0189447_21514223.jpg
f0189447_2101013.jpg


ツーショットは
泊まっていた大和旅館のご主人と奥さん。私たちはこのお二人の食事に支えられていました!
朝ご飯もまたおいしい。こんな奥さんがいたらいいなあ。
f0189447_2121888.jpg

[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-02-01 21:02 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
おかげさまで
映画「しあわせのパン」
昨日、無事
撮れてなかった雪のカットを撮り終えて
全編 オールアップいたしました!!!

夏編にもまして
みんなで一丸となって
お天気にもめぐまれて
洞爺と月浦のみなさんの愛情もいただきながら
撮影ができました。

本当に心から
おつかれさまでした!!
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-01-31 09:11 | 三島の仕事
そして映画「しあわせのパン」(主演・原田知世 大泉洋)の冬編の撮影が始まりました。

毎日マイナス○度の世界です。

でも りんとした朝の空気は 何が一番大切か教えてくれます。

十日間がんばります!

がんばりまっしょい!
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-01-20 11:58 | 三島の仕事

いよいよ

いよいよ明日
北海道へ出発です。

こんな私に
励ましの言葉やら
極寒対策の帽子やら手袋やら
お守りとか
いろんな 応援をいただいて
本当に感謝しています。

ありがとうございます!
それを全部積み込んで

いい作品にするべく

行ってきます!!
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-01-14 23:34 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)

「見つけた」。

ロケ先の 夫婦から
「みっしー、ひとりぼっちの会会長にしてあげる。わたしは副会長」と言われてしまう。
でもみんなどこかで一人って好きなんじゃないの?と聞くと
制作部が「え・・・・ぼく、一人になったら寝ちゃいます」。
そうなの?笑。
だからこそ、たまに訪れる「見つけた」と思う出会いは貴重です。

2010年も 
いろんなことにお会いできた1年でありました。 
毎日放送さんの『アザミ嬢のララバイ』(出演・岩松了 町田マリー 染谷将太 村岡希美)では 
死者と検死官の恋愛というやりたかったけどなかなかやれなかった世界を脚本・演出できました。
映画『しあわせのパン(仮)』おかげさまでクランク・インしました。冬編がまた、始まります。
一緒に飲みたい友人、一緒に芝居見たい友人、一緒に走りたい友人。
たくさんの、「見つけた」。あらためて、「見つけた」。
ひとりぼっちの私でも。


いま起こっている事全てを見つめながら
数年の間 育んできたものを
お互いに リスペクトできる人と
作りたい、作り上げたいと思っています。

move think  move  ちゃんとtalk(一番苦手) して狂うほど愛します。 

2010年最後に映画館で見た映画は「バーレスク」
2010年最後に見た舞台 ラッパ屋「YMO  やっとモテたおやじ」(作・演出 鈴木聡)

2011年最初に映画館で見た映画は 「ノルウェイの森」(監督/トラン・アン・ユン)
             2本目は「海炭市叙景」(監督/熊切和嘉)
             DVDは「復讐者に憐れみを」(監督/パク・チャヌク)
    
2011年最初に見る舞台  「十二夜」(演出・串田和美)

      2011年も どうぞよろしくお願いします!

             三島有紀子

追伸・年賀状をくださったみなさまへ
   素敵な年賀状ありがとうございます。
   しみじみと家で読みながら 電話したくなったりしていました。
   で、ほんとにスミマセン!
   まもなくクランクインなので 今年は年賀状書けません!
   今年,みなさまに直接お会い出来る事、楽しみにしています。
   どうぞ、心して?もし嫌だとしても?待っていてください。
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-01-08 12:23 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)

本日の台詞

チームで動く時

「無関心」

「意欲がない」

「鈍感」



罪である。

そして、それを装う事も 罪である。

ただ、なにはともあれ、
『人を非難している時間は わたしには ないのだよ』
              (映画「生きる」監督/黒沢明)

わたしは、いつも、
ここに
立ち返る。

だって死ぬまで
どれだけ時間があるのか、わからないもの。

「本気」の方がおもしろいよ。
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2011-01-07 09:50 | 三島の関心空間

このブログについて。

このサイトは、
私、三島有紀子の映画の部屋です。
詳しくは、こちらをクリック!(←)


○yukiko mishima 
Born in Osaka, Japan. Director, Mishima, started making 8mm independent films at the age of 18. After graduation from university, she took a job with NHK(Japan broadcasting corporation). During 11 years of her career with NHK, She directed documentary programs about the elderly and victims of the Great Hanshin Earthquake and tried to highlight pains and challenges in lives of ordinary people. After she left NHK and become a free-lancer, she writes and directs stages and TV drama. Her debut film, “Shisei - nihoi zuki no gotoku”(original: The Tatooer by TANIZAKI Jun’ichiro), will be released in the theater from 27 June 2009.

18歳から8ミリ映画を撮り始め、NHK入局.
デイレクターとして数々のドキュメンタリーを企画・演出.
34歳でフリーになってから、東映京都撮影所で監督デビュー.

◎現在は 原田知世さん&大泉洋さん主演の映画を北海道洞爺で撮影中!
こちらをクリック!(←)
この映画は 昨年秋、オフィスキューの鈴井亜由美さんとアットムービーの森谷雄さんの
北海道で ファンタジーを!という一声で始まり お声をかけていただいて
すぐに脚本作りから一緒に進めさせていただいていました。
何度も洞爺に通って
パンを食べて
コーヒーを飲んで
雑誌の「スロウ」を読み続け
ロケ先で飲んだくれて
泊めてもらい(けっして遊んでる訳じゃないです。笑) 
脚本を書いて
ちょうど1年後に撮影を開始できた めぐまれた作品です。
伝えたいこと…それは作品にこめているつもりです。
是非応援してください!

◎監督した『アザミ嬢のララバイ』のDVDが7月21日発売されます!!!!
こちらをクリック!(←)
http://www.mbs.jp/azami/story1.shtml

抽象的なほぼワンセットドラマという
実験的な ドラマに参加させてもらったので
ご案内させてください.
毎回いろんな監督が演出するオムニバス形式のちょっと不思議なラブストーリーです。
私は,監督しました2作品は4話と9話に放送予定です。
どうぞ、見てやってください。

とにかく、 予算がないなか、
テレビなのにいろんな実験ができたこと、
本当にやってて楽しかったです!
第4話は、こんな話がやりたい、と本作りから自由作らせてもらいました。
IMJの田中さん、映広の新井さん、メディアンドの岩渕さん
ありがとうございました!

第4話 「死者は死んだ羊の夢を見るか?」脚本・吉村元希 三島有紀子

毎日のように死体とだけ対面している検死官の辻田邦夫(岩松了)の元に、
女性(町田マリー)の変死体が運ばれてきた。
いつものように、さっさと死体検案調書を書いてしまおうとした辻田に
「違う」という女の声が聞こえた。その声に振り返った、辻田の前には…。
そして、越えてはいけない一線が、目の前に迫っていた。
f0189447_161519100.jpg
町田マリー
染谷将太
村岡希美
岩松了


第9話 「カラダノ記憶」脚本・小林弘利

深夜の田舎の国道で、突然停車してしまう一台のデコトラ。乗っているのは、
ベテランドライバーの安(菅原大吉)と若い助手の健(柄本佑)。
コントのような軽妙な会話を続ける二人の前に、闇の向こうから、不思議な提灯の行列が現れる。段々と近づく灯りによって、見えたものは…。
f0189447_16181043.jpg
菅原大吉
柄本佑
月船さらら
木野花




(スタッフ)
撮影監督 高間賢治 
アートディレクター 名久井直子
美術装飾 今井伴也
照明 上保正道
録音   井家真紀夫
編集   河原弘志/加藤ひとみ(4話) 
     松竹利郎(9話) 
助監督  高野敏幸
衣裳   渋谷清人
メイク  坂本美由紀
音響/効果 増田英己・平林真樹
     
音  楽 小林洋平
テーマ曲 中島みゆき「アザミ嬢のララバイ」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
制  作 映広

(アザミ嬢のララバイ DVD-BOX【期間限定版】発売決定のお知らせ 発売日:2010年7月21日発売予定品番:KIBF-90777~90779 価格:税込\19,950 封入特典:ブックレット/外箱付き
本編全250分(+映像特典)/カラー/16:9/片面・2層/ドルビーデジタル/ステレオ)
↑しかもこのブックレットは 名久井直子さんがデザインしてくれるそうです。ライターの中島さんも細やかで 映像に造詣の深い方でした。きっと素敵なブックレットがしあがること間違いない,と思います!

◎監督したドラマ『妄想姉妹〜文學という名のもとに〜』(脚本・三浦有為子)
(主演・吉瀬美智子 紺野まひる 高橋真唯)日本テレビ/アットムービー
のDVDが発売中!
レンタルでも見られると思うのでぜひ見てください。
第7話  江戸川乱歩「お勢登場」(吉瀬美智子 高橋和也)
第9話  樋口一葉「にごりえ」(紺野まひる 三浦誠己 長谷川博己 池谷のぶえ 直林真里奈 四條久美子 河野真子(劇団オッセルズ主宰)ほかのみなさん)

※毎回、三姉妹のうち一人が、文学の世界を妄想するという オムニバスドラマ.
中でも、第7話の江戸川乱歩「お勢登場」(ゲスト主演・高橋和也)は以前から
映像化したかった作品。
ラインナップに提案して、撮らせてもらいました!

f0189447_1518277.jpg












◎監督したVシネ『刺青〜匂ひ月のごとく〜』(原作・谷崎潤一郎 脚本・国井桂)
主演・井村空美 鈴木一真 
有薗芳記さんにも出てもらいました! DVD発売中です.
井村空美さんが熱演してくれました。

◎監督したドラマ『LOVE GAME』(主演・釈由美子)読賣テレビ/ファイン
のDVDが発売中です! オムニバスドラマ。私は2本監督させていただいています.
よろしかったら。見てやってください.

◎監督した
ケータイドラマ:『最恐ダーリン』(80分)ディーライツ/アスミックエース
2010年2月5日(金)DVDが発売されました。よかったら見てやってください.
プロデューサーの齋藤さんに「監督,乙女心を思い出して撮ってください!」と言われました.
乙女心満開?です。
出演・東亜優 中村龍介 はねゆり 聡太郎 岩井七世 福田雄也 冨田佳輔  
 松永京子 大堀こういち 佐藤真弓 諏訪太朗


◎戯曲を書いたPARCO劇場で上演された舞台「LOVE30 vol.1」
のDVD&戯曲本が発売中です.
演出は宮田慶子さん。

http://www.parco-play.com/web/page/shop/love30_dvd/
f0189447_22523588.jpg


ちなみに三島のプロフィール。
ここのところのお仕事など(←クリック!)

[PR]
# by yukikomishimafilm | 2010-12-22 22:22 | このブログについて

本日の台詞

小さい頃,大阪では赤井英和がヒーローだった時代に生きていたからかもしれない。
私のまわりには
ボクシングが好きな人とやっていたという人間が存在してる。
技術的にすごいわかって見ていたとか、熱狂的に好きだったわけでもないんですけど。

仲良かった今は亡き音響効果のAは元ボクサーだったし
大親友の元新聞記者で現在ライターTは、元々ボクシング部で(よくある話しだけど網膜剥離であきらめたっちゅうやつ)
数年前初回のオヤジファイトに出場した。
現在、東洋太平洋ミドル級10位の友人Sさん・・・。
私もタイに取材しにいった時、 ムエタイの選手がおもしろくて、結局企画をそちらに乗り換えてしまった。

先日、「がんばれ元気」を描かれた小山ゆうさんを紹介された。
もちろん、昔「がんばれ元気」を読んでいて、三島さん というボクサーが憧れの存在として
描かれていたので 私は、三島 という名前でよかった、と誇らしく思ったものだ。

わたしは、当然の事ながら「あしたのジョー」と「傷だらけの栄光」、好きなので
思わず聞いてしまった。

「あしたのジョー」のあと、ボクシングの漫画描くの、こわくなかったですか?

「そりゃあ、こわかったよ。すごく」。

そのあと、まだデビューできなかった頃の話しまで聞かせてもらって
素敵な人だった。

自分自身はまだまだやることやれてないのですが、
今はぼちぼち 演出の立場でやらせていただけることがあります。
でも、会社を辞めて、助監督やってたころ、
時間がかかるというのは重々わかりながらも
助監督の仕事さえないと
何も表現できなかったりする日々が続いて
誰も読まない台本をただ、書くしかなくて。
猛烈に吐きたくなって
毎日毎日が耐えられなかった。我ながら、弱いねえ。

そんなころ、大親友の勧めで、ジムに通い始めた。
「そこの会長のお父さんは 三島由紀夫にボクシング教えてた選手やで。縁、感じるやろ」。
「まあな」。

最初は、ただ、限界まで汗を流して動く事の爽快感と疲労だけだった。

でも初めて、マスと言われていた 
リングで 一対一で三分を3ラウンドたたかう練習、があった。
相手は同じ頃に入った 若い男の子。
もちろん、本当に殴り合うんじゃなくて
お互いに、寸止め、する。
でも、これが いくら寸止めでも当たっちゃうんだな。
私の頭にフックがコン、と。ほんの、軽くです。

そんとき、驚いた。
瞬間、
明瞭に、
カチっという音がした。
ぶちのめしてやる、と。思うもんですね。
それで思い切り,殴ってしまって、みんなに笑われて やがて 止められた。

自分がまだ、生きていて誰かに何かを作用しようとしていることを再確認した。

帰りにジムのトレーナーに
「ゆっこちゃん、痴漢にあっても もうなぐったら ダメだよ」と
言われた。


ということで、本日の台詞は 
『ミリオンダラーベイビー』です。
「ボクシングは 尊厳のスポーツ。人の尊厳を奪い、自分のものにする」
そして
「タフだけでは生きて行けない」

そしてもうひとつ。
舞台『黴菌』の台詞。
「ひろーい世の中ですもの、嘘よりほんとのことを語る方が
下手な人っているんじゃありませんか。…広い世の中ですもの」


ここんとこ見直した映画…全部DVD  
「顔」(監督・阪本順治)
          「ミリオンダラーベイビー」(監督・クリントイーストウッド)
          「バウンド」(監督・アンディ&ラリー・ウォシャウスキー)
          「シークレット・サンシャイン」(監督・イ・チャンドン)
          「硝子のジョニー 野獣のように見えて」(監督・蔵原惟繕)←この作品だけ初見です。
          「㊙色情めす市場」 (監督・田中登)

ここんとこ見た舞台…「K2」(演出・千葉哲也)
          「アジアン・スイーツ」(作・演出 鄭 義信)
          「現代能楽集V」(演出・倉持裕) 
          「黴菌」(作・演出 ケラさん)
          

 
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2010-12-19 13:03 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
実は北海道の撮影から戻って来たら 電気が止められていた。
「・・・・・」。

いただいた
アロマキャンドルを全部つけて、
匂い混ざって気持ち悪い事になった。
「なんやねん、これ。くさくて、ねむれへんやん」

次の日、いそいで脚本のギャラだけもらいにいって
はらったんやけど。

お金に関しての持論があって
「ほれた男が病気になった時に 自分が納得できる治療を受けさせられるだけの金はかせいでいたい」。
なのに
気がついたら、自分の電気代でストップするとは・・・・驚きだった。

とりあえず、めし食って、寝て、また起きてめし食えるんですから
よしとしましょうか。

ええ、阪本さんの『顔』を見直しました。

その時もそうでしたが
最近、また、見ました。
理由はいろいろあります。

この映画と『ミリオンダラーベイビー』だけは
何度見ても、冷静に見れていないような気がしてしまうのです。

そして、……本日の台詞。

『約束してください。ひとつ、約束してください。

月が西からのぼったら うちと一緒になってください』。
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2010-12-18 11:02 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
最近
『マイキー&ニッキー/裏切りのメロディ』(監督・脚本 エレイン・メイ)と『炎上』(監督・市川崑)を見直しました。

『マイキー&ニッキー/裏切りのメロディ』は、
ピーター・フォークと俳優として出演しているジョン・カサヴェテスの
二人芝居を見るような たった一晩の物語です。
映画の中で、二人ともまともじゃないし どうしようもないです。が、いい男です。
いい芝居です。表情がたまらないのです。
二人のいい役者と いい物語があれば お金をそんなにかけなくても
こんなにいい映画ができる、ということを証明してくれる映画です。
ちなみにこの映画はDVDになっていないので、私自身はすっごい 高い料金(映画の10倍)でビデオを買いました。涙。
買う時、ほんと、汗かきました。

それがなんとなんとなんと、 
2010年春、渋谷ユーロスペースで上映されるとの情報を知りました。
みなさま是非!
仕掛人は シロウズの松田さんらしいです。素敵。 
(実は また見てしまいました。21日に 試写会があったので観てきました。
いつもはビデオなので、初めて映画館で、見れました。
スローラーナーさんやシロウズさんの熱意で、上映となったそうです。ありがとうございます)
 
『炎上』は 
一人のどもりの青年が金閣寺の美しさに魅了され、それを燃やすまでの物語。
原作は三島由紀夫さんの「金閣寺」で名文ですよね。  
主人公は、市川雷蔵さんが演じてらっしゃいます。
ひとつひとつ抑圧されていき,それはまるで 濡れた和紙を重ねていくように。
スパークする その瞬間。
どんな行動をとって、そしてその結果 彼は何を見たのか,

そんな映画はやっぱり 好きだ、と思いました。
ちなみに市川崑監督の『鍵』をこよなく愛するミシマとしては、中村雁治郎さんもたまらないです。


さてさて、毎日、やることがいっぱいで
バタバタです。なんかねえ。
あーー 北海道の洞爺に行きたいです。
撮影場所としてお借りしているカフェの珈琲飲んで、パン食べたいなあ。


最近見た映画…
「ヘヴンズストーリー」(監督・瀬々敬久)4時間38分。
自分たちの撮りたい映画をきちんと 撮ってるひとたち、監督もプロテューサーも役者もスタッフもひとつになること そしてそれで生まれた映画。素晴らしいです。
       
「行きずりの街」(監督・阪本順治) 私は,阪本さんの映画を愛しています。
「ヘヴン」(監督・トム・ティクヴァ) DVD。
        
ここんとこ見た舞台…
第三エロチカ「新宿八犬伝」(有薗芳記さんが出演してらっしゃいました)
渋ハチプロデュース 「ストックホルム」(役者の高橋努さんが作・演出です。岩井七世さんも出演されていました)
ニコルソンズ「モンローは行方不明」(映画「悪夢のエレベーター」の原作の木下半太さんの劇団です。久しぶりにかなりの大阪ノリに 大笑いして 幸せでした)
「そのとき橋には誰もいなかった」(東亜優さんが出演されていました)  
スパイス・ガーデン「シャッフル」(アットムービーさんの劇団です。まじでウケました!)

※写真は「裏切りのメロディ」
f0189447_22593379.jpg

[PR]
# by yukikomishimafilm | 2010-11-14 22:50 | 三島の関心空間

パリの風

今日打ち合わせをした女性プロデューサーが
パリ、に行って来たとの事。

それでお土産に、いただきました、これ。

小豆色の細いゴムになっていて
着けたりはずしたりが 簡単で
しかも いい色。

お気に入りになりました。

ありがとうございます。

※最近見た映画「Lost paradise in Tokyo」 やっと観れました。
 
f0189447_0384396.jpg

[PR]
# by yukikomishimafilm | 2010-11-02 00:38 | 三島の幸せ(もの・こと・ひと)
私、恥ずかしながらファンレターを書いた事があります。

小学生の時、
「あなたの作品に感動しました」みたいな内容で
なぜかなぜか自分の赤ちゃんの頃の写真を同封しました。

お相手は…

漫画家の楳図かずおさんです。

小さい頃「恐怖」という漫画を読んで衝撃を受けました。
確か息子の心臓を移植した男の子にクリスマスイブの日に会いに行き、
その男の子の胸にずぶっと手を入れて心臓をぬきとる・・・というシーン。
ショッキングな展開と 「愛」が一線を越えると「異常」に発展する事を初めて知ったと言う訳です。

何かに固執する顔が 最高に醜くもあり 最高に美しくもあり 最高に複雑でもあり(単純に美人や笑顔より ひどく固執している顔の方が 絵として線が多いと感じた)。

狂ってるもののエネルギーに魅せられるのは
ここから来ているのかも知れません。

ちなみに私が見た今まで2番目に恐かった悪夢は、、、、

噴水のある緑の芝生に白い日傘を持った 白いワンピース姿の母(架空)が立っている。
自分は姉妹(もちろん架空)で 母親と同じ白いワンピースを着て その周りをかけまわっている。
そこになぜか、目黒祐樹さん扮する父親がやってくる。
母と私たち姉妹は恐怖におののいて 逃げ惑う。
そしてある古い建物の階段を駆け上がり、屋根裏に逃げ込んだ。
肩を震わせながら隠れていたら
父が 階段を上がって来る音が。

そしてこう言うのだ。

「どうして、逃げるんだい。パパは こんなにお前たちを愛しているのに」

と指差した方向を見て私は息をのむ。
そこには、自分と姉とをいじめていた 同級生の子供たちが素っ裸にされて
傷だらけで、1列に立たされている。みな一様に震えながら。

ああこれなのだ。

なぜ、父はわからないのか。

その異常なまでの愛に
母も姉も私も おびえているのに。
あなたのその まっすぐな愛こそが
恐ろしくて 仕方がないのに。

と・・・・・顔をくしゃくしゃにしてた。

これ、夢ですよ。
そんな悪夢を見たことがあります。
それはたぶん
楳図さんの漫画を読んでいたからに違いない。

ああ、いやだいやだ。

そして、話しは楳図さんにもどします。

それから15年ちかく経ったころでしょうか。

NHKの社員だったころ
番組のゲストに楳図さんが来られたのです。

私はその番組の担当ディレクターではなかったので
隅でおとなしくしてると
楳図さんが聞くのです。
「あなたは どんな漫画を読むの?」

もちろん、私はファンレターの事は言えませんでしたが
いろんな楳図さんの作品と近藤ようこさんと諸星大二郎さんと藤子・F・不二雄さんと手塚治虫さんと石井隆さんの漫画を言いました。

すると。
さらさらと漫画を描いてサインをくれました。

昔、の願いが15年経って
叶ったと言うわけです。

どうしてこんなことを思い出したかというと
先日、世界的なアーティスト エドツワキさんの個展を見に行ってきました。
場所は FOIL ギャラリー。ここは、私がたまに行く 雑貨店「マルクト」さんやチェコ雑貨店が
入ってる古いビルの中にあります。
エドさんの作品は、墨の濃淡と 金(GOLDです。マネーじゃなく。金色)の美しさ と 女 
について 深く感じさせられました。とても刺激的で素敵な個展だったのです。

そしてそして、その個展で バレエダンサーの首藤康之さんにお会いしたのです。
あまりのことに信じられなくて
何も言えませんでしたが
実は 2003日本公演 演出・振付:マシュー・ボーン
   渋谷Bunkamuraオーチャードホール
   「白鳥の湖」。首藤康之さんも出演されていました。
   この公演は 私が会社を辞めるという大きな分岐点に位置した作品です。
   今までの白鳥の湖とは全く違う解釈で演出されていました。
   力強い作品と言うのは こうまで 人の何かを変化させてしまうものですね。 

   そんな方にお会いできたこと、本当に感動しました。ありがとうございます。
   なんせ、他のみんなに「すごい汗かいてますよ」と言われてしまった程です。
   そうなんです。それぐらい びっくり&感動していました。

そんな感じで、いつか 好きな方にお会いしていけるものなのかなあと
と。

とりあえず
今日は いい夢見たいです。

※このところ、ずっと編集してるので あんまり観れてないですが
最近見た映画…「toilet」
       「死刑台のエレベーター」
       「nude」

瀬々監督の「ヘヴンズストーリー」と阪本監督の「行きずりの街」見にいかなきゃ。
 
[PR]
# by yukikomishimafilm | 2010-11-01 00:44 | 三島の関心空間