映画を作っています。監督・三島有紀子のブログです。ここから、しなやかな、楽しい、いろんな広がりが見えてくるといいな、と、思っております。


by yukikomishimafilm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:*ありがたいできごと( 110 )

LOVE LETTER です。

この映画は

わたしから

あなたへの

まちがいなく

LOVE LETTER です。

あなたの残した言葉。

あなたの残した音楽。


それはつまり、

何を美しいと感じるか、

という礎の部分でです。

ただ、ただ、

ありがとう

と言いたいです。

そして、

その美しいと感じる

すべて

と、

それを美しいと感じる人を

わたしは

きっと

ずっと

愛していきます。


    三島有紀子
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-01-25 12:38 | *ありがたいできごと
北海道で見てくださったみなさまへ



映画「しあわせのパン」は北海道では
21日に産声を上げ
無事にこの世に生まれて来ることができました。

ほんとにほんとにありがとうございます!

舞台挨拶に来てくださったお客様の
お一人お一人のお顔を見て
ああ、いろんなことに使える時間を
「しあわせのパン」を見る為に使ってくださっているのだなーと
しみじみ感謝しながら
「しあわせのパン」がみなさんのおかげで
誕生できたことをまたあらためて心に深く刻んだ三島でありました。

この映画は
北海道の洞爺地区・月浦と言う場所、人々がいなかったら
描けていない作品で。
北海道全土の方々のいろんな応援があって完成することができました。

いま、こうして映画館に足を運んで頂き
北海道のみなさんに育てていただけていること、
北海道以外からも早く見たいからと来て頂いた方もいて
また感謝の気持ちでいっぱいです。


そして、内容に関しては
鈴井亜由美プロデューサーが自由に作らせてくださったことも感謝しています。

いよいよ、28日、全国公開を迎えられそうです。



追伸・紀伊国屋書店 札幌店での小説「しあわせのパン」トーク&サイン会に
お越しいただいた皆さんへ

とっても寒い夕方のお時間にたくさんの方に
お越しいただき、またそれぞれにメッセージや感想などをいただき
私自身がみなさんに力を頂けた気がいたします。
ありがとうございました!
これを糧にして、また創作していきたいと思いますので
今後ともどうぞよろしくお願いします。


f0189447_14175447.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-01-24 14:18 | *ありがたいできごと
f0189447_23195562.jpg








光石研さん。

好きな作品をあげ始めるときりがないので
やめます。

助監督時代から、ドラマの撮影現場で何度かご一緒させていただきました。
光石さん曰く、三島は
「いつも現場ですごい大声で怒鳴ってた」とおっしゃるのですが
そうですか〜?おかしいなー。笑

当時、とにかく、いつも女性スタッフの人気者でした。
「光石研さんと結婚した〜い」と。
でもみんなっ!騙されてはいけません。笑

光石研という人は
根っからの芝居馬鹿(失礼!)です。
ずっとどう演じるかしか考えてません。

かっこわるく見せる方法として
上の歯茎を見せながら
無様に死んで行けるなんて
なかなかできません。…「十三人の刺客」

日夜、そんな具体方法をいくつもいくつも編み出して
引き出しがほんとにたくさんです。
伝わる方法を限りなく知っている、というのはすごいと思います。
とにかく
ごはん食べても、芝居。
待ち時間も、芝居。
いつも芝居の話してます。


実は、助監督時代
借金して舞台公演を作・演出したとき
公演を見にきてくださり
丁寧な感想までいただきました。
いち助監督の作品を見にきてくれる…
そういう人です。

「しあわせのパン」では
あて書きです。(ほとんどの役があて書きなのですが・・。)
光石さんが演じてくれること前提で
脚本書いていました。
そのときはまだ受けてくださるかどうかもわかってません。だから、勝手に、です。
すみません。

父親の複雑な心境を優しく演じてくださいました。
現場ではキャメラ横に立つ
監督という生き物をとても信頼してくれる人でした。
私自身は、光石さんにいろいろ相談しながらお芝居を作っていきました。

そんな光石研さんのお芝居を
是非ご覧ください。
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-01-23 23:20 | *ありがたいできごと
「運命じゃない人」
を見たとき、日本映画に新しい俳優さんが登場したと思いました。
中村靖日さん。
小さくて(失礼!)色が白くてお洒落な少年のようなアートの匂いがする俳優。
一見平凡そうに見えて全然非凡。
細やかなお芝居をされます。
こういう役者さんは、フランス映画ではいくらでもいるのに
日本ではなかなか・・・と思っていたら
「いた!」
自分の勉強不足を恥じた瞬間でした。

靖日さんは
芝居をいくらでも続けられるので「カット」をかけないで
放置してずっと見とこうと思います。
だって、芝居見てておもしろいんですもの。
ずっと見てたいんですもの。お芝居。
生き方がそのまんま、出ていますね。靖日さんは。


『マイキー&ニッキー/裏切りのメロディ』(監督・脚本 エレイン・メイ)
が初めてプリントされて上映された時、二列後ろに靖日さんを見つけました。
「ですよね〜」という感じ。


そんな靖日さんには
今回「しあわせのパン」では 〝広川さんのだんなさん〟という農夫の役で出て頂きました。
かわいいんです。
でもいつも行動が
いじわるなのか
親切なのかわかんないところがいいんです。
そんなキャラを見事に演じてくださいました。

是非、ご覧ください。
f0189447_22485694.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-01-23 22:48 | *ありがたいできごと
これは、必見です。すべての人に見てほしい。どこにも出ていない映像です。
2週間限定だそうです。
わたしも何度も見るぞ。

「しあわせのパン」から、幻のライブへご招待!
ここ。(←クリック)
映画「しあわせのパン」のカフェ・マーニから招待状が届きました。矢野顕子 with 忌野清志郎が「ひとつだけ」を歌う2週間限定【幻のライブ】へご招待します!
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-01-18 14:34 | *ありがたいできごと
f0189447_12482018.jpg
新しい年がやってきました。

なんだか、いままでと全然違う年が始まるんだ、と
青空を見上げて、思いっきり息を吸いました。
冷たい空気が体に入ると
体が清らかに感じるから不思議です。
そして今年も真摯に生きて行こうと思うのです。

だけど、
ほんとのところ
1月1日は12月31日の次の日で…
全然違う、訳ではなく
昨日のつづき。
日常が継続して行きます。

でも、と思うのです。
ずっと変らないこと
変ること
変らないといけないこと、
があります。

今生きているみなさまに、
100年後に生きている人たちに、
そして自分自身に
〝私にとってゆるぎないこと〟を
届けていきたいと思います。

そのためにすべてがある、
そのことを肝に銘じて
感謝しながら
日々を過ごします。


2012年は
監督とオリジナル脚本で作りました
映画「しあわせのパン」が公開されます。

北海道は1月21日
全国は1月28日
初日を迎えます。


映画は、
スクリーンに映し出され
みなさまに見ていただいて
初めてこの世に生まれて来ることができます。
どうかみなさまと一緒に
皆で作った映画の誕生の瞬間を見ることができますように。


どうぞ今年も
よろしくお願いします。

そしてみなさまも私も
健やかなる精神の中で
楽しく美しい瞬間を重ねられますようお祈り申し上げます。


小説版の『しあわせのパン』で書いた一節です。
〝大切なのは、
きみが 照らされていて
きみが 照らしているということなんだよ〟


     2012 .1.1 三島有紀子
[PR]
by yukikomishimafilm | 2012-01-06 12:43 | *ありがたいできごと
映画「しあわせのパン」の小説版がいよいよ 12/5 発売されるそうです。
発行してくださったポプラ社さんのページです。(←クリック)

ここだけの話し?ですが
巻末におまけつきです。
劇中に出てくる絵本(文は…わたくし 絵は…藤嶋多枝さん)
がついています。それがなんともとても愛らしいです。
イラストクリエイターの藤嶋さんとは長い事、友人でいてもらって
いつか一緒に絵本を出したいねとずっと
夢を語っておりました。
今回、絵本という単独の形ではないですが
本という形になったことがすごくうれしいです。
しかも編集者の方が
紙質と色へのこだわりを理解してくださり
尽力頂いたので、素敵になりました。

そして、洞爺湖を愛する北海道新聞の記者さんが
小説版の事を記事にしてくださって
明日12月4日の朝刊に出るらしいです。
ほんとにありがたいです。
北海道にお住まいのみなさま、もしよろしかったらもしよろしかったらで結構です。
見てやってくださいね。
(北海道の方がサイトのアドレスを教えてくださいました。
北海道新聞社さんのページです。(←クリック))

帯には、何度も読んでくださった知世さんが素敵なコメントを書いてくれました。
ありがとうございます。
記事の中で知世さんのコメントが見れます。(←クリック))

そして、編集者の山科さん。
この方が「小説にしませんか?」と言ってくださった方です。
この方がいなかったら小説は生まれていません。
そして、編集者の吉川さん。
この方がいなかったら、今のような形にはなっていません。
いつも励まし、書き上げるのを待っていてくれ、
イメージの広がる適切な指導をしてくださいました。
それはまるでボクサーにとってのセコンドみたいな存在でした。

北海道洞爺の皆さんにももちろん、いろいろ教えていただきました。

そんな素敵なみなさんと作れた一冊の本。
もし、手に取っていただければ、とてもうれしいです。


※12/5 発売の『うかたま』さんが「しあわせのパン」の記事を載せてくださいました。
以前から見ていた雑誌で紹介していただけるなんて幸せな事です。
よかったら見てやってください。
お豆さん特集みたいですよ!
[PR]
by yukikomishimafilm | 2011-12-03 22:57 | *ありがたいできごと
カフェ&ミュージックフェスの原田知世さんのライブ、聞いて来ました。
芝生の上で珈琲飲みながら聞く知世さんの声、キモチヨカッタなあ。
シンシア、ロマンス、時をかける少女、くちなしの丘、ノスタルジア・・・
歌ってほしい歌がほとんど入っていてうれしい。
芝生の上にねっ転がって聞いていた子どもの隣でわたしもごろん。ふふふ。
あ、ちなみに誰の子どもかしらない子どもさんの隣で勝手にごろんです。
雨の前の霧がかった空気の中でとても幻想的な時間でした。

今年の目標、もっとおいしい珈琲を入れられるようになる!
あと、二ヶ月ないけどそうしよう。

追記・
あ、フェスでは古道具などやもちろんおいしい珈琲が売られていて
楽しいイベントでした。主宰の手紙社さんという名前、抜群に好きです。
今度調布に行くときは寄ってみたいです。



□見た映画
「BIUTIFUL ビューティフル」監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
「一枚のハガキ」監督:新藤兼人
「東京オアシス」監督:松本佳奈、中村佳代
「恋の罪」監督:園子温
「ソーローなんてくだらない」監督:吉田浩太
「ハウスメイド」監督:イム・サンス

□見た舞台
「ピアフ」演出・栗山民也
「アルトー24時」演出・芥正彦
ポツドール「おしまいのとき」
ヨーロッパ企画「ロベルトの操縦」
「朱雀家の滅亡」作・三島由紀夫
「大泉ワンマンショー」作・演出 大泉洋

f0189447_22154410.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2011-11-05 22:15 | *ありがたいできごと
洞爺・月浦での一ヶ月近い滞在から、札幌経由で
東京に戻って参りました。

月浦での生活は
刻々と変る自然の風景と
軽やかに耳元に吹く風
おいしいパンとお料理
そして「珈琲入りました」という声と薫りとともに
出される珈琲。
たくさんの生き物たち(自分も含めて)が自分の周りを囲んでいました。
何かあるとお話しして、軽く一杯飲んだり、お茶したり、一緒にごはん食べたりと
会話してて楽しいみなさんと暮らすことが出来て
わたしとしては
今まで生きて来た中でも
この上ない幸せな時間となりました。

とりあえずラストまで書き上げた日
ご家族のみなさんが
イタリア料理とワインで一緒に乾杯をしてくれました。

そうして
雪虫が舞い始めた頃、
わたしは帰路についたのでした。

ありがとうございます。
いろんなことに
ありがとうございます。

東京でも
いろんなことを考える日々がつづいています。
東京の空はこんな空。
これも好きです。
f0189447_12204661.jpg

[PR]
by yukikomishimafilm | 2011-10-24 12:03 | *ありがたいできごと
今朝の洞爺湖があまりに幻想的だったので、アップします。

まるで湖の中から太陽が生まれてくるようです。


f0189447_1042139.jpg






映画『しあわせのパン』公式サイト
サイトです。(←クリック)
主題歌についての新しい記事を載せてくださいました。
よかったらご覧ください。
こちらの記事です。(←クリック)
[PR]
by yukikomishimafilm | 2011-10-09 10:43 | *ありがたいできごと